欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

恩師モウリーニョも脱帽の人格者。
EL決勝は男チェフの最後を見逃すな。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2019/05/29 11:45

恩師モウリーニョも脱帽の人格者。EL決勝は男チェフの最後を見逃すな。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

モウリーニョなどからも賞賛されるGKペトル・チェフ。最後の試合は古巣チェルシーとの対戦となった。

モウリーニョも賞賛するペトル・チェフ。

 今シーズン限りで引退するベテランGKは常にチームファースト。恨みつらみを口にせず、黙々と努力を重ねてきた。チェルシー在籍時はティボウ・クルトワに、今シーズンはベルント・レノに定位置を奪われたものの、波風を立てるような言動には走らない。

 ピッチの暴走が目立つネイマール(パリ・サンジェルマン)、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、マリオ・バロテッリ(マルセイユ)などは、チェフの爪の垢を煎じて飲むべきだ。

 かつての師ジョゼ・モウリーニョも絶賛する。

「男として選手として、なにより人間として最高」

 また、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、そして母国チェコの言語を流暢に操れるため、数多くの外国人選手がチェフに頼った。キャプテンのローラン・コシェルニーも、「本当のリーダーはチェフなんだよ。彼がいるからチームがまとまるんだ」と、人望の厚さを証言している。

ラストマッチは古巣戦。

 アーセナルのウナイ・エメリ監督は、プレミアリーグはレノ、ヨーロッパリーグはチェフという起用法だった。決勝になって翻意するとは思えず、アーセナルの選手たちも「優勝カップをチェフとムヒタリアンのために」と考えているはずだ。モチベーションは申し分ない。

 チェフがカップを掲げたとき、古巣チェルシーのサポーターも惜しみない拍手を送るだろう。勝負の世界は厳しく、バッドエンドは何度も観てきた。しかし、両チームのために尽くし、サポーターにもあふれるほどの愛情を注いできたチェフの最後は、悔し涙より笑顔が似合う。

 ヨーロッパリーグ優勝とチャンピオンズリーグ出場権を置き土産に名GKがピッチを去る。素敵なフィナーレじゃないか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アーセナル
チェルシー
ペトル・ツェフ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ