欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

恩師モウリーニョも脱帽の人格者。
EL決勝は男チェフの最後を見逃すな。 

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2019/05/29 11:45

恩師モウリーニョも脱帽の人格者。EL決勝は男チェフの最後を見逃すな。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

モウリーニョなどからも賞賛されるGKペトル・チェフ。最後の試合は古巣チェルシーとの対戦となった。

ルディガーはもちろん、カンテまで。

 さて、チェルシーの現状は好ましくない。

「現場の意見が反映される補強が実現すれば、1~2年でマンチェスター・シティとリバプールに追いついてみせる」と、マウリツィオ・サッリ監督が続投の意思を明らかにしているにもかかわらず、上層部はいっさい反応していない。

 オーナーのロマン・アブラモビッチ氏は所在すらつかめず、マリアナ・グラノフスカヤCEOは、監督よりも選手の意見に耳を貸すタイプだ。上層部の支持を得られないサッリは、ヨーロッパリーグ決勝に集中できるだろうか。

 さらに、半月板を手術したアントニオ・ルディガーはリハビリ開始が9月(予定)であり、カラム・ハドソン・オドイはプレミアリーグ35節のバーンリー戦で、ルーベン・ロフタス・チークはシーズン終了後のニューイングランド・レボリューション戦(親善試合)でアキレス腱を断裂。ともに全治4~6か月の重傷といわれている。

 そしてエンゴロ・カンテが5月25日の練習中に膝を負傷。決勝の舞台には立てそうもない。

 ルディガーとカンテの欠場は痛すぎるダメージだ。「私の心はすでに伝えてある」と移籍を示唆したエデン・アザールのコメントも含め、チェルシーの周囲は混とんとしている。

アーセナルもケガ人が多いが……。

 一方、アーセナルは政治の犠牲者となったムヒタリアンのほかには、負傷のために長期欠場を強いられているエクトル・ベジェリン、ロブ・ホールディング、ダニー・ウェルベック、最終盤でハムストリングを痛めたアーロン・ラムジーが遠征メンバーから外れる公算が大きい。

 彼ら4選手が、いや、ラムジーを除く3選手がもう少しだけ働いてくれれば、アーセナルはトップ4に入っていたのではないだろうか。今シーズンもケガに泣かされた。

 しかし、アーセナルにはふたつの大きなモチベーションがある。ひとつは「ムヒタリアンのために」、もうひとつは「ペトル・チェフの最後を飾ろう」。

【次ページ】モウリーニョも賞賛するペトル・チェフ。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アーセナル
チェルシー
ペトル・ツェフ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ