Jをめぐる冒険BACK NUMBER

誤審騒動で埋もれるのが惜しすぎる。
川崎vs.名古屋はJ史上屈指の名勝負。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/05/20 17:30

誤審騒動で埋もれるのが惜しすぎる。川崎vs.名古屋はJ史上屈指の名勝負。<Number Web> photograph by Getty Images

Jリーグには、世界に堂々と発信したいサッカーがある。川崎フロンターレと名古屋グランパスはそんな勝負を見せてくれたのだ。

次の時代に語り継ぎたい名勝負。

 試合後、つい先日までこのNumberWebで連載していた「令和に語り継ぐ、J平成名勝負」の執筆を分担した北條聡さんに、こう話しかけずにはいられなかった。

「さっそく次の時代に語り継ぎたい名勝負が生まれましたね。覚えておかないと」

 この日、埼玉スタジアムで行なわれた浦和レッズvs.湘南ベルマーレでは、完全なゴールが認められないという世紀の大誤審が起きた。

 そのうえ、被害者である湘南が0-2から逆転勝利を飾ったため、大きな感動を呼んだ。

 世間の注目は、埼スタで起きた出来事に向いているかもしれないが、等々力陸上競技場での激闘は、誤審騒動の陰で埋もれてしまうには、あまりに惜しい名勝負だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
川崎フロンターレ
名古屋グランパス
中村憲剛
風間八宏
大島僚太
米本拓司
ジョアン・シミッチ

Jリーグの前後の記事

ページトップ