欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

クロップの運か、ケインの帰還か。
CL決勝の趨勢を決める重要な要素。

posted2019/05/21 17:00

 
クロップの運か、ケインの帰還か。CL決勝の趨勢を決める重要な要素。<Number Web> photograph by AFLO

リーグ全体の競争力の高さが今季のCL決勝プレミア対決を生んだと言える。ビッグイヤーを獲得するのはトッテナムかリバプールか。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

AFLO

 たったひとつしか負けていないのに、失点22はリーグ最少なのに、リバプールはプレミアリーグで優勝できなかった。ビルヒル・ファンダイクが年間最優秀選手に輝き、サディオ・マネとモハメド・サラーが揃って得点王を獲得したにもかかわらず、イングランドの頂点には立てなかった。

「美しすぎる敗者」

「史上最も価値のある2位」

「ヤツらは最高だ」

 各方面からリバプールの善戦を称える声が聞こえてくる。マンチェスター・シティとのマッチレースは究極のレベルと極上の興奮を伴い、アタッキング・フットボールの魅力を世界中にアピールした。惜しくもタイトルに手が届かなかったとはいえ……。

リバプールはまだ何も手にしていない。

 そう、今シーズンのリバプールはまだ何も手にしていない。誰もが納得し、絶賛するパフォーマンスであっても、最終的な答には行きついていない。ここが彼らのジレンマだ。

 昨シーズンもチャンピオンズリーグの決勝に進出しながら、レアル・マドリーに敗れている。高いインテンシティで主導権を握ったものの、最終的には1-3で屈した。今シーズンのプレミアリーグも含め、なぜリバプールの努力は実を結ばないのだろうか。

 とにかく、チャンピオンズリーグは絶対に勝ち取らなければならないタイトルだ。仮に敗れるようだと無冠に終わる。プレミアリーグで歴史に残るシーズンを過ごし、チャンピオンズリーグ準決勝でバルセロナに奇跡の逆転勝ちを収めたにもかかわらず、優勝カップを掲げられないなんてあまりにも不条理だ。神様を疑いたくなる。

 2018-19シーズンのリバプールは最高にカッコいいチームだが、タイトルを獲らないといつか忘れられる。その美しい想い出を永遠に記憶するためにも、チャンピオンズリーグは是が非でも手繰り寄せなければならない。

【次ページ】 トッテナムの不安要素は両SB。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トッテナム
リバプール
ユルゲン・クロップ
マウリシオ・ポチェッティーノ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ