欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

プレミア隆盛、CL&EL独占は史上初!
“基準”を変えたシティとペップ。

posted2019/05/16 11:15

 
プレミア隆盛、CL&EL独占は史上初!“基準”を変えたシティとペップ。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

勝ち点98で今季のプレミア王者に輝いたマンチェスター・シティ。CL制覇は逃したが、改めて強さを見せつけたシーズンとなった。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

Uniphoto Press

 オール・イングリッシュ・ファイナルズ──今季のチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの決勝はどちらもプレミアリーグ勢同士の対決となった。

  リバプールとトッテナムが現地時間6月1日にマドリードで開催されるCL決勝で対峙し、アーセナルとチェルシーが同5月30日にバクーで行われるEL決勝で相まみえる。

 ひとつの協会に属する4クラブが、同じシーズンに両大会のファイナルを独占するのは史上初のことだ。フットボール発祥地イングランドのメディアは、“フルハウス”や“モノポリー”といった表現で、今回の偉業を讃えている。

同国対決のファイナルは過去にも。

 CLは前身のヨーロピアンカップ時代はもちろん、1992-93シーズンに現在の名称に変わってからも数年間、各国のリーグを制したチームだけに出場権が与えられていた。

 その文字通り“王者たちのリーグ”に2位以下の上位クラブが参戦できるようになったのは、1997-98シーズンから。つまり、そのシーズンから同一協会に属すクラブによる決勝が実現するようになり、2000年のレアル・マドリー対バレンシアをはじめ、これまで6度の同国勢によるファイナルがあった。

 CLに準ずるELは、前身のUEFAカップ時代から同一協会に所属する複数のチームが出場してきたため、初年度の1971-72シーズンから同リーグ勢対決の決勝が可能だった。

 奇しくも、その最初のシーズンはトッテナムとウォルバーハンプトンのイングランド勢同士がファイナルを戦っている(2試合制の決勝をトッテナムが合計スコア3-2で制した)。この一戦を含め、UEFAカップ/ELの決勝が同国勢対決となったのは、過去に9度ある。

 しかしながら、そのどちらもがひとつのリーグのクラブによって独占されたのは、繰り返すようだが、今回が初だ。これが意味するものはなにか。

【次ページ】 プレミアリーグの競争力。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リバプール
トッテナム
アーセナル
チェルシー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ