“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

湘南・曹監督がサプライズ視察!
高3若月大和が目指すべきFW像とは。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/05/08 11:15

湘南・曹監督がサプライズ視察!高3若月大和が目指すべきFW像とは。<Number Web> photograph by Takahito Ando

すでに湘南ベルマーレへの来季加入内定が発表されているFW若月大和。視察に訪れた曹監督も大きな期待を寄せる。

柴田、鈴木らライバルひしめく湘南。

 若月はこの試合後、関係者と共に湘南へ向かい、トップチームの練習にしばらく帯同される。湘南での日々は彼にとって大きな刺激となるだけでなく、考え方もプロへと切り替えさせてくれる重要な場となっている。

 若月はまだ高3ではあるが、湘南ユースからトップチームに昇格した同い年の柴田壮介は若月と同じくルヴァンカップに出場し、堂々としたプレーを見せている。さらには1歳上の鈴木冬一はルーキーながらトップの試合に絡んでいる。この他にも多くの若手がひしめき合う、競争が激しいチームだ。

「同級生の壮介はずっと間近で見てきて、仲も良いのですが、やっぱり落ち着いている印象を受けます。ルヴァンの時も前半から出ても恐れないでプレーしているし、ミスをしてもすぐに切り替えてプレーしている姿を見て、同年代ながら凄いと思ったし、そういう選手がいることは大きなことだと思った。でも、自分だってこの舞台で壮介より多く試合に出て、結果を残したいと思う。

 普段の練習でも冬一くんは前を向いてドリブルで仕掛けられるのに、僕は後ろ向きでばかりボールを受けているなとか、そういう思いが刺激になって、『もっとやらなきゃ』という思いにさせてくれます」

ベテラン選手の姿勢も刺激に。

「それに一番上の梅崎司選手や秋元陽太選手なども練習から常に全力で取り組んでいて、自分にもアドバイスや指示をしてくれるので、その存在が物凄く大きいです。若手だけでは成り立たない部分が多くあると思うし、これまで先輩たちが手を抜かずに、湘南ベルマーレとして積み上げてきたものをしっかりと継続をしてくれているからこそ、僕とか、冬一くんとか若い世代の選手が思い切りプレーができるし、生きると思っています。

 だからこそ、先輩にも負けない気持ちで、常に戦いだと思っています。全力で跳ね返せるくらい戦うことができれば、曹さんもちゃんと見てくれていると思っています」

 その言葉はすでに湘南の一員としての自覚にあふれており、1人のプロサッカー選手としての自立を感じた。

【次ページ】 “ミスター・レッズ”に似ている。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

湘南ベルマーレ
若月大和
曹貴裁
桐生第一高校

Jリーグの前後のコラム

ページトップ