JリーグPRESSBACK NUMBER

J2降格寸前ジェフが11分で4得点。
フクアリの奇跡と巻誠一郎の男気。

posted2020/04/29 20:00

 
J2降格寸前ジェフが11分で4得点。フクアリの奇跡と巻誠一郎の男気。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

サポーターに向けて魂のガッツポーズを見せる巻誠一郎。崖っぷちだったジェフを献身的に支えた。

text by

原山裕平

原山裕平Yuhei Harayama

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

『Sports Graphic Number』は創刊1000号を迎えました。それを記念してNumberWebでも執筆ライター陣に「私にとっての1番」を挙げてもらう企画を掲載しています! 今回はJリーグを広く取材する原山裕平氏による2008年J1最終節、ジェフユナイテッド千葉の「フクアリの奇跡」です。

 長友佑都のミドルが決まった時、フクダ電子アリーナは絶望的な空気に包みこまれた。勝たなければいけない状況下で、2点のビハインドを負ったのだ。残された時間は40分にも満たない。愛するクラブの勝利を信じて叫び続ける黄色のユニホームを着たサポーターたちは、その時、受け入れがたい現実を覚悟したはずだった。

 それは、サポーターだけの想いではなかったかもしれない。出番に備え、アップを続けていたキャプテンの下村東美さえも、戦況を見守りながらすでに涙を堪えきれないでいたからだ。

 2008年12月6日、ジェフユナイテッド千葉は絶体絶命のピンチに陥っていた。J1リーグ最終節を前に、順位は降格圏の17位。残留ラインの15位のジュビロ磐田とは勝点2差で、16位の東京ヴェルディにも2ポイント差をつけられていた。残留のためにはFC東京と対戦する最終節で勝点3を得たうえで、磐田と東京Vの敗戦を願うほかなかった。

オシムの遺産を食いつぶしていた。

 もっとも、この苦しい状況は予期できたものだった。この年の千葉は、開幕前から崩壊の危機に立たされていたからだ。

 佐藤勇人をはじめ、山岸智、羽生直剛、水野晃樹、水本裕貴と主力が次々に移籍。イビチャ・オシム監督の下で躍動した“チルドレン”たちが流出した千葉は、オシムの遺産を食いつぶし、まるで別のチームとなっていた。

 ヨジップ・クゼ監督の下で活路を見出したかったが、主力流出のダメージはあまりにも大きかった。開幕11戦未勝利(2分9敗)と目も当てられぬ成績で、クロアチア人指揮官は早々にチームを去った。

 後任に就いたのは、アレックス・ミラー監督だった。スコットランド出身の新たな指揮官は、10シーズンに渡って名門リバプールのコーチを務め、2005年にはチャンピオンズリーグ制覇にも貢献している。輝かしいキャリアを備えるこの新監督に、千葉の再建は託されたのだ。

【次ページ】 ミラー新監督になって5連勝も。

1 2 3 4 NEXT
ジェフユナイテッド千葉・市原
巻誠一郎
谷澤達也

Jリーグの前後の記事

ページトップ