セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

史上初のCLへ、武器は侠気と根性。
トリノは激戦のセリエを勝ち抜くか。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/04/26 10:30

史上初のCLへ、武器は侠気と根性。トリノは激戦のセリエを勝ち抜くか。<Number Web> photograph by Getty Images

1906年に創設され、1942年から1949年にかけてセリエAを5連覇。ただ1949年、チームを乗せた飛行機が墜落し、ほぼ全員が死亡した。

「全員、酔っ払ってんのかっ?!」

 トリノはまだCLに出たことがない。

 クラブが最後のスクデットを獲った1976年当時、前身のチャンピオンズカップには出場しているが、大会規模が大きく変わったチャンピオンズリーグでの出場歴は皆無だ。初出場のチャンスにより色めきたっているのは、現場の選手たちより、カイロ会長以下経営陣の方かもしれない。

「おまえら全員、酔っ払ってんのかっ?!」

 一喝の主は、トリノの指揮官マッツァーリだ。

 33節の対ジェノア戦で、前半に気の抜けたプレーを続けていた選手たちをハーフタイムに怒鳴りつけた。

 後半に1-0となる貴重な決勝ゴールを挙げたDFアンサルディは「あの怒声は効いた。皆の目が覚めた」と、試合後苦笑しながら明かした。

判定に食ってかかるマッツァーリ監督。

 トリノを率いて2季目のマッツァーリは、3バックにこだわりサイドから崩す理想を持つ戦術家でありながら、強情で怒りっぽい指導者として知られている。

 納得できない判定に、審判へ食ってかかって退場になることも珍しくない。ナポリ時代にはブックメーカーが「次にマッツァーリが退場するのはいつの試合か」という賭けを実際に開帳したほどだ。

“暴れん坊”マッツァーリは今季も健在で、2月のウディネーゼ戦で4度目の退場処分を受けた後、荒れた展開となった32節のカリアリ戦では何と“自主退場”という暴挙に出た。

 先制点を挙げたFWザザが主審への抗議で73分に退場となり、2分後にカリアリの同点弾が長時間のVAR審議の末に認定されたことで激昂したマッツァーリが、抗議のために皮肉の拍手をしながら自ら退場したもので、後にレフェリーから正式な退場処分を下された。

 確かに今季のトリノには、誤審によって不利を受けている印象がある。

 セリエAのVARシステムは、テスト運用から数えて導入3年目の今季、厳しい批判に晒されている。主審によるVAR使用/未使用の判断や運用法、VARチームの見落としなどが目立つようになったためだ。

【次ページ】 ファンは結果より侠気を重んじる。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トリノ
ユベントス

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ