セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

史上初のCLへ、武器は侠気と根性。
トリノは激戦のセリエを勝ち抜くか。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/04/26 10:30

史上初のCLへ、武器は侠気と根性。トリノは激戦のセリエを勝ち抜くか。<Number Web> photograph by Getty Images

1906年に創設され、1942年から1949年にかけてセリエAを5連覇。ただ1949年、チームを乗せた飛行機が墜落し、ほぼ全員が死亡した。

王者は実験的起用をほのめかす。

 興味深いことに、王者ユーベは続く36節で6位ローマと、37節では5位アタランタとの対戦を残している。スクデット8連覇を達成した智将アッレグリは、ラスト5戦で来シーズンに向けた実験的起用をほのめかしており、これがどう戦局に影響を与えるか。

 CLへの切符を争うライバルたちのうち、ミランとラツィオ、アタランタの3チームはコッパ・イタリア準決勝(及び決勝戦)のために体力を消耗する可能性が高い。ラツィオとアタランタは35節の直接対決で潰し合い、ミランやローマは残留争いで死に物狂いの下位クラブとの対戦を多く残している。

 3年前、トリノのホームグラウンドは、'40年代に最強を誇った偉大なチームへの敬意の証として「オリンピコ・“グランデ・トリノ”」と改名された。

 あの荘厳なCLのアンセムを自分たちのスタジアムで聴きたい。

 悲運の飛行機墜落事故から70周年にあたる今年、心意気で戦う指揮官と選手たちは、トリノ史上初のCLの切符を英霊たちへ捧げられるだろうか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

トリノ
ユベントス
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ