Number PLAYBACKBACK NUMBER

44歳伊東輝悦と41歳明神智和は
今、J3という戦場でボールを追う。 

text by

近藤篤

近藤篤Atsushi Kondo

PROFILE

photograph byAtsushi Kondo

posted2019/05/03 09:00

44歳伊東輝悦と41歳明神智和は今、J3という戦場でボールを追う。<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

シドニー五輪や日韓W杯など、大きな舞台でも“らしさ”を見せていた明神智和。今も愚直にボールを追い続けていた。

それぞれの環境と考え方。

 場所を移動して、名所・千本松原の裏手にある浜辺でテルの写真を撮り、そこでJ3で新たなシーズンに挑む二人のベテランサッカー選手の取材は終わる。

 僕は沼津駅から三島に移動し、朝思いついた通り、駅前の鰻屋に入ってしばし考える。うなぎの稚魚の世界的な減少についてではない。明神智和と伊東輝悦についてだ。

 一方はプロとは何かという明確なコンセプトを持ち、もう一方は風のように飄々とサッカーを楽しんでいるだけに見える。一方はシーズン終わりの契約更新のたびに若干の不安を覚え、もう一方は淡々と時間を過ごして新シーズンを待つ。努力の人と才能の人。二人に共通するのはボランチというポジションくらいだろうか。

 後出しジャンケンのようになって少し心苦しいが、僕はなんとなくこの二人がそれぞれの世代で最後までサッカーを続ける、そんな予感がしていた。なんでそんな風に感じたんだろうか? 強いて理由を挙げるなら、きっと彼らは誰よりもサッカー以外のものを感じさせなかったのだろう。一度シーズンが始まってしまえば、そこにはもう未来もなく、過去もなく、ただピッチの中央後方にポジションを取り、目の前のサッカーボールと人の動きにしか興味を持たない。二人ともそんな選手だった。

 うな重がテーブルに運ばれ、僕は目の前の光景に意識を戻す。そこで、テルのセリフをふと思い出して、一人で笑う。「44歳の選手が試合出続けてたら、それはそれでそのクラブってどうなんだよ」って。

 確かにそうだ。彼らはキャリアの最後をJ3で迎えようとしている44歳と41歳の年のいったサッカー選手に過ぎない。でも、と僕は思う。最後にもう一度活躍して、明神ってすげえよな、テルってすげえよな、と言ってみたいな、と。

Number971号(『[現地探訪]伊東輝悦&明神智和「J3という戦場で」』より)

<サッカーベテラン特集>カズの秘訣。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アスルクラロ沼津
伊東輝悦
AC長野パルセイロ
明神智和

Jリーグの前後のコラム

ページトップ