Number PLAYBACKBACK NUMBER

44歳伊東輝悦と41歳明神智和は
今、J3という戦場でボールを追う。 

text by

近藤篤

近藤篤Atsushi Kondo

PROFILE

photograph byAtsushi Kondo

posted2019/05/03 09:00

44歳伊東輝悦と41歳明神智和は今、J3という戦場でボールを追う。<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

シドニー五輪や日韓W杯など、大きな舞台でも“らしさ”を見せていた明神智和。今も愚直にボールを追い続けていた。

J3の環境にも「慣れてしまえば」

 外に出た明神は河川敷に降りると、スタッフとともに練習場(と言うか雪原)を走り、最後に少しだけボールを蹴る。インステップ、インサイド、彼が立ち足に力を入れるたび、足元の凍った積雪が1月の冷気の中でバリッ、バリッと音を立てる。とても大きな雲が川向こうの山並みから突如現れ、白い世界に大きな黒い影を映し、あっという間にどこかへと消え去っていく。

「J1最後の名古屋では1年で契約が終わって(2016年)、そのあと長野からオファーが来るまで3週間くらいありました。シーズンオフはやはり不安になります。やめたいと思ったことはないけど、やめることを考えたことはありますよ。だってチームがなかったらやめるしかない。自分を求めてくれるクラブがあるからこそ、僕はサッカー選手を続けていけるわけですから。

 長野行きはすぐに決めました。J1からJ3、環境面はご覧の通りです。でも、慣れてしまえば苦にはならない。僕はサッカーが好きですし、サッカーをまだやりたいし、まだやれると思っているし、サッカーやれるチームがそこにあるんですから」

「僕より上手い選手はいっぱいいた」

「サッカーを始めたのは小学2年生の時ですけど、その時から今まで僕より上手い選手はいっぱいいました。だから僕はずっと考えてきたんです。どうやったらこいつらを追い越して試合に出られるんだろう、この世界で生き延びていけるんだろう、って。

 その結果、僕は監督の求めているプレーや考えている戦術をとことん理解しようとしてきました。そうすることで、自分のいる場所を確保するんです。プロは試合に出てなんぼだと思うんで、そのためには監督が自分に求めることが何なのかを、いち早く察知しないといけない。これは監督に媚を売るとかではありません。

 プロになる時、ユースのコーチに言われたんです。プロというのはお金を払って見に来てくれる人に対して、それだけのものを見せないといけない。それは派手なことでも、派手じゃないことでもいい。その言葉がずっと僕の中にあって、今、僕を雇ってくれるパルセイロや試合を見に来てくれる人に対して、見せなきゃいけないし、それを見せられなくなったら、サッカーはやめなきゃいけないと思っています」

【次ページ】 ふくらはぎは相変わらず太い。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アスルクラロ沼津
伊東輝悦
AC長野パルセイロ
明神智和

Jリーグの前後のコラム

ページトップ