ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

日本ハム広報が王柏融取材で接した、
台湾メディアの情熱と温かなお礼。 

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/04/15 17:00

日本ハム広報が王柏融取材で接した、台湾メディアの情熱と温かなお礼。<Number Web> photograph by Kyodo News

開幕3戦目でお立ち台に上がった王(中央)。現在は打率.263、8打点、本塁打なし(4月14日現在)と、まだ日本野球への順応途上のようだ。

広報部に届いたお礼のメール。

 台湾に戻った後、広報部に数通メールをいただいた。お礼の言葉が添えられたメッセージだった。札幌ドームに訪れてくれた台湾メディアの方々からだった。取材現場でも、とても律儀で礼節があった。

 2月からお土産でパイナップルケーキを数え切れないほど、いただいた。開幕から10試合以上経過した今、甘酸っぱい思い出である。

 台湾メディアの方々の情熱に触れ、また伝え聞いた台湾での熱狂ぶりを聞き、王選手の存在意義をあらためて理解した。

 ファイターズというチームにも、選手にも溶け込んでいる。周りからも能力だけではなく、人間性も認められ、生き生きとプレーをしている。CPBLから海外移籍制度を行使しての日本球界移籍は初めての挑戦であり、価値がある。

 台湾の誇りである「ボーロン」を、スタッフも一丸でサポートしていくのが2019年の使命の1つである。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

王柏融
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ