オリンピックへの道BACK NUMBER

萩野、池江不在の中で競泳陣が不振。
平井コーチ「分析していかないと」。

posted2019/04/10 10:00

 
萩野、池江不在の中で競泳陣が不振。平井コーチ「分析していかないと」。<Number Web> photograph by AFLO

大橋悠依のようにしっかりと結果を残した選手はいる。東京五輪を来年に控える中で日本競泳陣はどう立て直していくか。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 苦渋に満ちたような表情と、絞り出すようなひとことが、胸中を率直に伝えているようだった。

「大変、残念な結果です」

 4月2日から行なわれていた競泳の日本選手権が8日に終了したが、大会を終えて姿を見せた日本代表の平井伯昌ヘッドコーチからは厳しい言葉が相次いだ。

 それも無理はない。今夏に開催される世界選手権の代表選考を兼ねた大会だったが、代表入りを決めたのは、個人全34種目では10種目、計10名にとどまったからだ。

 昨年の日本選手権終了時点で、パンパシフィック選手権とアジア大会の代表選手となったのは20名、アジア大会のみの代表を含めれば21名だったから、半減という大幅な減少である。

 また日本記録更新も昨年は10度だったが、今大会は2回だけ。寂しさを増しているのは否めない。

代表入りのハードルが高くなった。

 こうした事態を招いた前提として、代表入りするためのハードルが高くなったことに触れておかなければならない。

 競泳の日本代表選考では、日本選手権の決勝で1位か2位となった上で、日本水泳連盟が定めた派遣標準記録を突破する必要がある。

 派遣標準記録は複数設定されている。

 昨年の場合は、世界ランキング8位相当の「I」、16位相当の「II」、20位相当の3つがあり、いずれかをクリアすればよかった。ただ今回は8位相当のI、16位相当のIIだけだから、その分だけ厳しくなったのは事実だ。なおリオデジャネイロ五輪の前は、オリンピック前年に基準タイムを一気に引き上げたが、リオ以降は徐々に引き上げる方針をとっている。

【次ページ】 小関、鈴木らが代表入りできず。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大橋悠依
瀬戸大也
平井伯昌
池江璃花子
小関也朱篤
鈴木聡美
入江陵介
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ