ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

新日本MSG大会に現地ファン総立ち。
オカダの姿がホーガンとダブった! 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph byNEW JAPAN PRO-WRESTLING

posted2019/04/09 17:30

新日本MSG大会に現地ファン総立ち。オカダの姿がホーガンとダブった!<Number Web> photograph by NEW JAPAN PRO-WRESTLING

MSGでも抜群の存在感を発揮したオカダ・カズチカ。現地の観客もレインメーカーポーズで応えた。

蘇ったホーガンの姿。

 現在のWWEが栄華を極めるプロレス界は、'85年3月31日にMSGで行われた第1回「レッスルマニア」でメインを締めたハルク・ホーガンの大ブレイクから始まっていると言われているが、この日、同じMSGで大観衆を魅了したオカダの姿が、当時のホーガンとダブったと言ったら言い過ぎだろうか。

 いや、筆者にそう思わせるだけの輝きと存在感が、この日のオカダにはあったのだ。

 1985年3月31日が伝説の1日であると同じように、2019年4月6日もきっとのちに、伝説の1日として振り返られることだろう。

 明けて4月7日には、WWEが桁違いのスーパーイベント「レッスルマニア35」をメットライフ・スタジアムで開催。5月25日にはケニー・オメガ、Cody、ヤングバックスらを擁する注目の新団体AEW(オール・エリート・レスリング)も、ラスベガスの大会場、MGMグランド・ガーデンアリーナで開催。

 WWE、新日本プロレス、AEWという世界3大団体の競い合いは、プロレスをさらに世界的なムーブメントとする可能性を大いに秘めている。そんな“NEW ERA”が、いままさに始まったところなのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
新日本プロレス
WWE
AEW
アントニオ猪木
棚橋弘至
ザック・セイバーJr.
内藤哲也
飯伏幸太
鈴木みのる
オカダ・カズチカ

プロレスの前後の記事

ページトップ