リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

公務員志望からスペイン代表へ。
3部から這い上がったもう1人のマタ。

posted2019/03/30 11:00

 
公務員志望からスペイン代表へ。3部から這い上がったもう1人のマタ。<Number Web> photograph by Getty Images

後半終了間際にFWモラタ(左)に代わりピッチへ送り込まれたFWマタ(右)。短い時間での出場となったが、彼の背景は大きな話題を呼んだ。

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 3月23日のEURO2020予選スペイン対ノルウェーで、新たなシンデレラストーリーが誕生した。

「サッカーで食べていけると思ったことは1度もなかった」と言うヘタフェFWマタ。30歳にして代表デビューを果たしたのだ。

 1988年10月、マドリー自治州の小さな町トレス・カントスで生まれた彼は幼い頃からサッカーに勤しんでいたが、プロになれるのは一握りの選ばれし者という現実に早く気づき、夢にさえ抱いたことがなかったという。

「『いつか自分も』なんて考えたこともなかった。サッカーに夢中になったのは友達と一緒にやれたから。四六時中ボールを蹴っていた」

 地元最大のクラブ、ペガソの少年チームに入団したマタはストライカーとして順調にステップアップし、19歳のときにはトップチームの一員となった。

 ただし、舞台は3部リーグである。

過酷な環境でもゴールを決め続けたマタ。

 雨が降るとぬかるむ土のグラウンドに、マッサージ用ベッドなど無縁のロッカールーム。半年を越える給与遅配に見舞われたときは、クラブへの抗議行動としてキックオフ直後にチーム全員でショーツを膝下まで降ろしたり、ロッカールームに立てこもったり、クラブの銀行口座を記した紙で股間を隠したヌード写真を撮って寄附を募ったり…… 。

 そんな環境からマタを救い出したのは、コンスタントに決めていたゴールだった。

 翌年の冬ラージョ・バジェカーノのBチームに、故障で長期離脱する選手の代わりとして引き抜かれたのだ。もっとも登録が認められなかったため、その足でソクエヤモス、モストレスといったレンタル先の3部クラブでプレーすることになった。しかし、2011-12シーズンはラージョのユニフォームを着て、自身初の2部Bリーグで9得点を記録している。

「1年を満喫したよ。しっかりしたクラブのカンテラは、それまでのチームとはまったく違った」

【次ページ】 税関職員になろうと……。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マタ
ヘタフェ
ルイス・エンリケ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ