Jをめぐる冒険BACK NUMBER

鎌田大地がポスト大迫になれる理由。
ゼロトップ的ストライカーの可能性。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/03/20 11:00

鎌田大地がポスト大迫になれる理由。ゼロトップ的ストライカーの可能性。<Number Web> photograph by AFLO

鎌田大地はベルギーリーグで得点ランク5位につけるなど活躍中だ。日本代表のFW争いに割って入れるか。

トッティ的な「ゼロトップ」。

 その様子は、かつてのローマが中盤の王様だったフランチェスコ・トッティを最前線で起用した「ゼロトップ」のようでもある。奪ったボールをトッティに預け、2列目がトッティを追い越してゴール前になだれこむ。つまり、トッティが大迫であり、鎌田というわけだ。

「今まで代表には世代別の頃から縁がなかったから、代表に行ったら、すごく変わるんでしょうけど、まだ自分がどうなるのか分からなくて……」

 昨年11月、鎌田はまだ見ぬ自身に思いを馳せていた。

 ベルギーで証明したように、正確なシュートと柔らかいポストプレー、スルーパスとドリブル突破は、国際舞台でも通用するはずだ。そんな鎌田が、日の丸を背負って国際試合を経験し、どう変わるのか――。

 ポスト大迫を求める日本代表にとっても、将来ビッグクラブでのプレーを夢見る鎌田にとっても、コロンビア戦とボリビア戦は新たな発見の場となるかもしれない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鎌田大地
シント=トロイデン
大迫勇也
森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ