プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「ポスト坂本勇人」の遊撃手を!
巨人・吉川尚輝の天才性とは。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/03/15 17:30

「ポスト坂本勇人」の遊撃手を!巨人・吉川尚輝の天才性とは。<Number Web> photograph by Kyodo News

今季の飛躍が期待される吉川尚輝。2016年、ドラフト1位で巨人に入団。昨季は92試合に出場した。

守備面では坂本を越える……か?

 慢性的な腰痛を抱えるなど、坂本には肉体的な問題もある。

 実際に昨年は7月から故障で33試合を欠場。その時は既に吉川は二塁に定着(後に骨折で離脱こそしたが)していたこともあり田中俊太、山本泰寛両内野手らが主に遊撃のポジションをカバーしている。そうした故障のリスク管理も含めて、坂本を負担の大きい遊撃ではなく打撃を生かすために三塁にコンバートすることは、巨人の近い将来の必然でもあるわけだ。

 そこで本格的な坂本のサードコンバートとなれば、その後釜の1番手に上がるのが吉川尚であることは衆目の一致するところである。

 3月3日のヤクルトとのオープン戦では「9番・二塁」で先発したが、7回から田中が二塁に入り、吉川はショートにシフトされた。

 これも原監督の将来像を示す起用とも見えた。

 そしてこの起用に吉川もすぐさま応える。

 先頭の西浦直亨内野手の三遊間の深いゴロをさばくと、矢のような送球でアウトにする好プレーを見せたのだ。

「三遊間の深いところからのあのスローイングは、勇人に匹敵するか、もしくは……というくらいですね」

 原監督も改めて吉川の能力の高さを絶賛するほどだった。

早速坂本のコンバート実現も!?

 今季は岡本和真内野手を「4番・三塁」で起用するのが最初の構想だった。ところがキャンプ中に背中を痛めてから、岡本は一塁での起用が続いている。

 一方、三塁には新外国人のクリスチャン・ビヤヌエバ内野手が起用されているものの、日本の野球になかなか適応できないままにオープン戦の打率は1割台まで下がってしまっている。もしビヤヌエバの調子が上がらないままだと、坂本の三塁コンバートという案が予想以上に早まる可能性も出てくるはずだ。

 おそらく今季はシーズン中から試合の終盤に吉川が遊撃に回るケースが増えていくはずだ。その先には必ず坂本の三塁コンバートという流れがあることになる。

 そのときのために吉川には何が必要なのか?

【次ページ】 とにかく守って経験を積むこと。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

吉川尚輝
原辰徳
坂本勇人
稲葉篤紀
井端弘和
岡本和真
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ