モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

MotoGP開幕戦カタール、徹底検証。
ホンダ、そして日本人ライダーが躍進!

posted2019/03/12 17:45

 
MotoGP開幕戦カタール、徹底検証。ホンダ、そして日本人ライダーが躍進!<Number Web> photograph by Satoshi Endo

最終ラップまで続いた激戦を制して、日本人初となるMoto3優勝を成し遂げた鳥羽海渡(写真中央)。2000年生まれで、まだ18歳!

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

Satoshi Endo

 どんな結末になるのだろうとわくわくどきどきした開幕戦カタールGPは、終わってみれば、去年とまったく同じ展開、そして結末となった。優勝したのはアンドレア・ドビツィオーゾで2年連続の開幕V。3年連続チャンピオンのマルク・マルケスは、今年もわずかの差で優勝を逃した。

 優勝したドビツィオーゾは、ウインターテスト、そして開幕戦を迎えても、調子がいいのか悪いのかもわからないマイペースでの調整が続いた。しかし、予選ではきっちり2番手タイムをマーク。決勝では、今年もまた、最終ラップまであきらめないマルケスの執拗な追撃を振り切った。

昨季よりも面白くなったレース展開!

 タイム差も、2年連続でほとんど同じ。昨年は0.027秒差。今年は0.023秒差。去年の優勝タイムは42分34秒654で、今年は42分36秒902と約2秒差。2人がゴールする写真を見ると、350km/hで通過するフィニッシュラインを、約2メートルほどの差でドビツィオーゾが先着した。

 去年との違いはトップグループの台数だけ。

 昨年は2人の一騎打ちだったが、今年は終盤まで8台がトップグループを形成した。ラスト2周は2人の一騎打ちとなったが、去年に比べるとはるかに面白い展開。はらはらどきどき度数では、今年がはるかに上回った。

 優勝タイムはほとんど同じだが、マシンとタイヤの進化はあきらかだった。

 ドビツィオーゾとマルケスがフリー走行の連続ラップで刻んだタイムは1分55秒台。しかし、決勝レースがスタートすると、前半は1分56秒台のスローペース。それがトップグループが8台に膨れあがった理由のひとつで、とてもついていけないだろうと予測していたライダーたちが、思いのほか遅いペースに俄然やる気になり、トップグループの戦いは白熱した。

【次ページ】 接戦を見越して上位2人がスローペースに。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アンドレア・ドビツィオーゾ
マルク・マルケス
アレックス・リンス
中上貴晶
カル・クラッチロー
バレンティーノ・ロッシ
鳥羽海渡

MotoGPの前後のコラム

ページトップ