バスケットボールPRESSBACK NUMBER

女子バスケWリーグ史上初の11連覇。
JX-ENEOSを突き動かした向上心。 

text by

吉川哲彦

吉川哲彦Akihiko Yoshikawa

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/03/09 09:00

女子バスケWリーグ史上初の11連覇。JX-ENEOSを突き動かした向上心。<Number Web> photograph by AFLO

11連覇の原動力となった渡嘉敷。今季平均18.4得点、10.2リバウンドでレギュラーシーズンMVPにも輝いた。

勝ち続けることの難しさ。

「勝ち続けることの難しさは連覇を重ねるにつれて強くなっていっていましたし、プレッシャーを感じながらもそれを乗り越えてくることができたと思うんですけど、今シーズンに関しては『11連覇しよう』とか『歴史を変えよう』ということを選手は一切感じずに、ただ目の前の試合に勝ちたい、優勝したいという気持ちが強かった。

 スタート5人の中の2人が代わったからこそ優勝したいと思いましたし、このファイナルでJXの強さを証明できた。いろんな経験を経てきたからこそ、11連覇ができたんじゃないかと思います」

 ルーキーイヤーから一貫してスターターの座を担ってきた吉田は、今シーズンは入団13シーズン目にして初めてベンチスタートに回ることとなり、個人としても大きなチャレンジの1年だった。

新しいモチベーションが生まれた。

 スターターを外れてもプレーのクオリティは落ちておらず、日本リーグ時代以来22年ぶりにアウォード表彰に復活した「ベスト6thマン」に圧倒的な得票数で選出。

 吉田自身は新たな役割の難しさを感じると同時に、今までとは異なるモチベーションも生まれていたという。

「途中から出ていって流れを変えること、悪い流れを断ち切ってディフェンスからブレイクを出すというJXのバスケットを取り戻すのが私の役割でした。それは毎試合意識していましたし、悪い流れの時に出ていって私のプレー1つで他の選手の気持ちが変わってくれればいいなと思ってやっていました。

 選手の心の支えになりたいと思っていたので、そういう意味ではやりがいのあるシーズンで楽しかったです」

【次ページ】 「W杯断念」をプラスに変えた渡嘉敷。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡嘉敷来夢
吉田亜沙美
岡本彩也花
JX-ENEOSサンフラワーズ
シャンソン化粧品シャンソンVマジック
三菱電機コアラーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ