バスケットボールPRESSBACK NUMBER

女子バスケWリーグ史上初の11連覇。
JX-ENEOSを突き動かした向上心。

posted2019/03/09 09:00

 
女子バスケWリーグ史上初の11連覇。JX-ENEOSを突き動かした向上心。<Number Web> photograph by AFLO

11連覇の原動力となった渡嘉敷。今季平均18.4得点、10.2リバウンドでレギュラーシーズンMVPにも輝いた。

text by

吉川哲彦

吉川哲彦Akihiko Yoshikawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 かつての日本リーグから組織が変わり、Wリーグとなったのは1999-2000シーズンのこと。記念すべきそのシーズンを制した初代女王はシャンソン化粧品シャンソンVマジック。これは、日本リーグ時代から通算10連覇目という偉業だった。

 そしてWリーグ20年目の節目となる今季の'18-'19シーズン。その記録はついに破られることとなった。

 2戦先勝方式のファイナルは第1戦が3月2日に行われ、JX-ENEOSサンフラワーズが91-68で快勝。昨シーズンの時点でシャンソン化粧品10連覇の記録に並んでいたJX-ENEOSは、翌3日の第2戦、新たな金字塔樹立に挑むこととなった。

 しかしながら、過去10シーズン名だたるチームをはね返してきたJX-ENEOSにとって、今回の相手は最も手強いチームだったかもしれない。レギュラーシーズンで3位に躍進し、セミファイナルではトヨタ自動車アンテロープスを撃破して初めてファイナルに駒を進めた三菱電機コアラーズ。

偉業達成の前に立ちはだかった三菱電機。

 第1戦はJX-ENEOSが地力でねじ伏せたが、2戦目は三菱電機の高いエナジーに対して、JX-ENEOSが受け身に回る形となった。

 JX-ENEOSは攻めては岡本彩也花が果敢にアタックし、宮澤夕貴は得意の3ポイントを連発。守っては要所でのトラップディフェンスでターンオーバーを誘い、前半は相手を27点に抑え込む。16点リードで迎えた第3クォーターも中盤まではそのリードを保っていた。

 しかし、残り5分32秒の岡本のジャンプシュートの後、JX-ENEOSの得点が止まる。

 三菱電機の根本葉留乃に3ポイントを決められ、残り4分14秒で早めのタイムアウトで立て直しを図るも、その後さらに根本の3ポイントを2本、残り1分43秒には川井麻衣にも3ポイントを許し、6点差。たまらず後半2回目のタイムアウトを取った。

【次ページ】 渡嘉敷を中心とした速攻で突き放す。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡嘉敷来夢
吉田亜沙美
岡本彩也花
JX-ENEOSサンフラワーズ
シャンソン化粧品シャンソンVマジック
三菱電機コアラーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ