JリーグPRESSBACK NUMBER

日立台にネルシーニョが帰ってきた。
名将はピッチの内も外も掌握する。

posted2019/03/06 08:00

 
日立台にネルシーニョが帰ってきた。名将はピッチの内も外も掌握する。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

苦しみながらも開幕2連勝と好スタートを切った柏レイソル。名将・ネルシーニョのもと、1年でのJ1返り咲きを狙う。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 町田ゼルビアとのホーム開幕戦を制し、開幕2連勝を飾った柏レイソルを見て私はつくづく思った。

「この人がいると、やっぱりチームは落ちつくんだな」

 この人というのは、もちろん4年ぶりの復帰を果たしたネルシーニョ監督のことである。

 レノファ山口に先制を許した開幕戦がそうだったように、町田戦も厳しいゲームとなった。

 前半はボールサイドに密集する町田得意のプレッシングに押し込まれ、自陣で窮屈なサッカーを強いられた。

 だが、ネルシーニョは交代を生かして巧みに流れを変える。

 後半開始早々、193cmの長身オルンガを最前線に投入。オルンガとクリスティアーノというボールが収まるふたりを並べて、ダイナミックにボールを動かすことで、町田の強みである狭い局面での集団戦ができないようにゲームを変えてしまった。

 長いボールを使って柏が前線でポイントを作るようになると、町田は前後左右に大きく揺さぶられる格好になり、やがて出足が鈍り始めた。

タレントの力を引き出した交代策。

 前半にはなかった、スペースと時間が生まれた。こうなるとタレントに勝る、柏の個人技が生きてくる。唯一の得点となった67分の瀬川祐輔のゴールは、自陣でのピンチを切り返したカウンターから。3対3の局面で、クリスティアーノの突破力と瀬川のフィニッシュのセンスが見事に噛み合い、ゴールという形で結実した。

 充実したタレントの力を監督が巧みに引き出した、ホーム開幕戦の勝利だった。

 ネルシーニョ監督の手腕は、ふたつの言葉で言い表わすことができる。ひとつは役割分担、もうひとつが対応力だ。

 彼は、選手たちそれぞれの役割分担を非常に重視する。

 Jリーグでは「流動的」という言葉がポジティブな意味で使われることが多いが、ネルシーニョは流動性の少ないゲームを志向する。つまりサイドバックはサイドバックの持ち場を守り、ボランチはボランチの持ち場を守る。

【次ページ】 チーム創りは「街づくり」に通じる。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

柏レイソル
ネルシーニョ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ