Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<631試合出場守護神の視点>
楢崎正剛が明かす、恐るべき点取り屋たち。

posted2019/03/07 15:00

 
<631試合出場守護神の視点>楢崎正剛が明かす、恐るべき点取り屋たち。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

ジュニーニョは1977年9月15日、ブラジル生まれ。'03年に川崎Fに加入し、'07年には史上2人目となるJ1・J2双方での得点王に輝いた。'12年からは鹿島で活躍した。J1通算116得点、J2通算65得点。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

 ストライカーのことは、守護神に訊け――。
 J1最多出場記録を持つ楢崎正剛氏は、数々の外国人プレーヤーたちと対戦してきた。
 その中でも、最も印象に残る助っ人とは?

 あらためて振り返れば、これまで仲間としても対戦相手としても、実力あり、濃いキャラクターありと、本当にたくさんの助っ人選手たちと関わってきました。その中でも印象的な選手を振り返っていきます。

 GKというポジション柄、やはり実際に対峙するFWの選手に目が行くことが多い。その意味で、「このFWにはやられたな」と思うのが、マルキーニョスです。彼は日本にいた年数も長かったので、対戦回数も多かった。シュートが鋭く、またパターンも多い。速いだけとか大きいだけ、右足だけとか偏りがある選手ではなかったので、抑えるのは大変でした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2853文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

楢崎正剛
マルキーニョス
ウェズレイ
ジュニーニョ
エムボマ
チェ・ヨンス
ストイコビッチ

Jリーグの前後の記事

ページトップ