マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

源田が人を育て、山川が技術を誇示。
西武キャンプは呆れるほどの充実度。

posted2019/02/25 07:00

 
源田が人を育て、山川が技術を誇示。西武キャンプは呆れるほどの充実度。<Number Web> photograph by Kyodo News

一緒にノックを受ける源田壮亮(左)と山野辺翔(右)。背後で見つめる辻発彦監督の視線が鋭い。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 西武ライオンズの「南郷キャンプ」へは、都城から峠を2つ越えていったん日南に出てから、海沿いを隣り町の南郷に向かう。

 日南からの道中で、このキャンプめぐりで初めて海を見た。

 わずか5分足らずのオーシャンビューでも、早春の青い海のきらめきは、いくつになっても胸が躍る。

 あまり知られていない話だが、12球団すべて、キャンプで泊まるホテルがオーシャンビューなのも、そんな高揚感の中でシーズンの準備をしてもらおうじゃないか……そうした球団からの配慮なのかもしれない。

 駐車場から一気に登ると、息が上がり、ヒザが笑うほどの高台にあるのが西武キャンプの南郷スタジアム。

 どの球団も、午前中は守備練習に時間を費やす。体の動きのキレ味が必要な守備練習は、まだ体がフレッシュな午前中のうちに。それがキャンプのセオリーになりつつある。

源田と二塁を組む、浅村の後釜は?

 浅村栄斗が楽天に去ったあとの「セカンド」をどうするか。これは、野球ファン注目の西武の「宿題」であろう。

 プロ3年目にして、「国民的遊撃手」に台頭した源田壮亮と組める二塁手。相手が“名手”ならば、組む相手も名手でなくては……ついそう考えがちだが、本当にそうだろうか?

 名手なら誰が相手でも組めるはず。むしろ、そっちのほうが本物の名手っぽいのではないのか。そんな気がしたのは、源田壮亮とルーキー二塁手・山野辺翔の「二遊間」を見たからだ。

 オギャーと生まれたその時からもう上手かった……打球のほうから彼にすり寄っていくように見えるのが遊撃手・源田壮亮。対して二塁手・山野辺翔は、控えの控えぐらいだった桐蔭学園当時から桜美林大、三菱自動車岡崎の合計9年間、練習して練習して、鍛えて鍛えられて、ようやくここまで腕を上げてきた“たたき上げ”の職人みたいな選手だ。

 源田壮亮とコンビを組んでノックのボールを拾い投げる動きの端々に、いちいち真逆のメカニズムが見てとれる。

【次ページ】 3年目の源田が、もう人を育てる番。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

埼玉西武ライオンズ
源田壮亮
山野辺翔
山川穂高

プロ野球の前後のコラム

ページトップ