野球クロスロードBACK NUMBER

松坂世代初、12球団最年少監督。
楽天・平石洋介の対話力が熱い。

posted2019/02/27 07:00

 
松坂世代初、12球団最年少監督。楽天・平石洋介の対話力が熱い。<Number Web> photograph by Genki Taguchi

久米島キャンプで笑顔をみせる平石洋介新監督。昨秋、監督代行から昇格した。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Genki Taguchi

 久米島キャンプでは、初日から楽天の平石洋介監督が精力的に動いていた。

 投手陣の投げ込みが始まると、すぐさまブルペンに向かう。フリー打撃では、ゲージの真後ろで腕を組みながら打者の仕上がりをじっと見つめる。サブグラウンドに室内、選手が練習する場所を何度も往復した。

 立ちっぱなしの1日だった。新監督として迎えたキャンプ初日ついて、「特別なことは……多少はありますけど」とコメントしていたものだが、体は正直だった。

 その夜、痛みで目が覚めた。原因がふくらはぎの張りであることは、すぐに分かった。

「気を張っていたのか、そもそも体の問題だったのか? 考えたくなかったから、すぐに布団をかぶって寝直しました。2日目からは大丈夫でしたけど」

 38歳の青年監督が、恥ずかしそうに笑う。本人も少しだけ認めていたように、やはり気を張っていたのだ。

松坂世代初の最年少監督として。

 平石は、ただの新監督ではない。

「12球団最年少監督」

「松坂世代初の監督」

 注目を浴びるには十分な“看板”を背負っている。ましてや前年に最下位と苦杯を嘗めたチームの再建を託されているのだから、無自覚のうちに心身の疲労が溜まるのは当然だ。

 現役時代の平石は、自身で「実績ほぼゼロ」と言い切るように、イーグルスに在籍した7年間で一軍ではわずか37安打。その一方、プロの指導者としては、楽天から監督に推挙されるだけの実績を積んできた。

 引退翌年の2012年に、二軍外野守備走塁コーチとしてセカンドキャリアをスタートさせ、'13年から一軍打撃コーチ補佐、そして翌年からの2年間は一軍打撃コーチとなり、楽天初の日本一も支えた。'16年には35歳の若さで二軍監督に抜擢され、2年連続でイースタン・リーグ2位と若手育成の成果も示した。

 そして昨年は、開幕時に一軍ヘッド兼打撃コーチ、6月から監督代行として指揮を執り、10月には正式に監督就任が決まった。いわば、「必然の人選」である。

【次ページ】 松坂世代・久保の平石監督評。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

平石洋介
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ