サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

アジア杯決勝後、原口元気に直撃。
「アタッカーは逃げちゃいけない」
 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/02/13 11:30

アジア杯決勝後、原口元気に直撃。「アタッカーは逃げちゃいけない」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

イラン戦でゴールを決めた原口元気。しかし本人はアジア杯でのプレーに満足感を抱いてはいなかった。

こいつ変わったな、と思わせる。

――決勝戦が終わったのが日本時間深夜。そのあと10時間近いフライトがありましたが、パーソナルトレーニングをお願いしている谷川先生と話をしたのですか?

「それはそうでしょ。ミュンヘン空港での乗り継ぎの際に時間があったから、速攻で電話をして(笑)」

――試合が終わってからも色々と考えていたのですね?

「試合後にもヨッチたちとご飯を食べに行って話しながら、考えたこともあった。大会中もヨッチは『元気くんは何でもできるから』と言ってくれることもあったけど、やっぱり、彼もハングリーボーイだからね。俺もハングリーじゃなきゃいけないと思ったし……」

――若い選手たちもどんどん成長を続けていきます。

「それは、当たり前でしょう。年齢的に考えても次のW杯が自分にとっては最後になる可能性だってある。俺はもう、決めたよ、アタッカーとして勝負する。もちろん、試合に出たら守備も全力でやるよ。次の代表で試合に出たときに、『こいつ、変わったな』って思ってもらえるようなプレーをしないと」

誰かに頼るのも、嫌なんだ。

 W杯まではあと3年半も残っている。安定を取れば、それなりのパフォーマンスは残せるかもしれない。しかし、現状維持だけでは、成長は望めない。原口のような攻撃的なポジションには、若い選手がひしめいている。そして彼らには大きな「伸びしろ」がある。

 安住するのではなく、リスクを負って、成長を目指す。それはアタッカーにとって必要なことだ。

 だから、原口が空港で最後に残した言葉は重みを持っている。

「今回のアジアカップのリベンジをできる場所は、もうW杯しかないから。3年半後なわけで。もういいでしょ、負けるのは。誰かに頼るみたいなのも、嫌なんだ。それに、今のままではW杯で勝てない。だから、成長しないと。決勝で負けたあとに言うことではないかもしれないけど、あの負けを意味あるものにするためにも、楽しみだね」

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原口元気
森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ