サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

アジア杯決勝後、原口元気に直撃。
「アタッカーは逃げちゃいけない」
 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/02/13 11:30

アジア杯決勝後、原口元気に直撃。「アタッカーは逃げちゃいけない」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

イラン戦でゴールを決めた原口元気。しかし本人はアジア杯でのプレーに満足感を抱いてはいなかった。

守りに入りすぎてはダメ。

 イランとの準決勝、試合終了間際にドリブル突破からチーム3点目のゴールを決めた原口。試合後、このように話していた。

「リスクを冒すドリブルができたから、ゴールにつながったと思う。相手ディフェンダーに足を出されたら奪われそうなところにボールを置くようなコース取りでドリブルできた。ゴールを目指そうとしたら、あそこに行かないと取れないので」

 このシーンについて、もう一度質問をぶつけてみた。

――イラン戦後には疲れがたまり、集中力も落ちる最終盤でのプレーを収穫にあげていましたが。

「勝負を決めるというのはああいうドリブルだったと本当に思ったから。イチから色々考え直さないといけないなと。トレーニングも、メンタルも、技術的な面もそう。だから今は……反省している」

――反省している?

「反省しているというか、この半年間は『こんなもんでいいかな』と考えている自分がいた。それはもったいなかったなと思う」

――経験を積むと丸くなってしまう部分はある?

「丸くなってしまうというか、自分を客観的に見つめられるからこそ、『無理していかなくても』と判断することがある。でも、イラン戦のようにパッといけるときもある。それは実際にやらないとわからないし、アタッカーとしての意識を常に持たないといけない」

――攻撃的なポジションの選手としては、リスクを背負わないといけないのでは?

「うん、だから、なんとなく……本音を話すと、自分のどこかに満足感があったと思うんだよね。ブンデスで試合に出続けられて、代表でも色々な監督からも使ってもらって」

――それは戦って、勝ち取ってきたものでもあると思いますが。

「色々な人から『元気は変わったね』とか、『安定感が出てきた』と言われることは増えた。ただ、逆に『オマエのこういうところが足りない』と言ってくれる人も少なくなっていたと思うし。そこは、自分で気づかないといけないなと。これではダメだよ。守りに入りすぎた。それに気づけただけでも本当に、デカイかなと」

【次ページ】 ボールを奪われるという怖さ。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原口元気
森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ