マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

「野球男子」の減少は本当に問題か。
北海道の教室で出会った2人の女子。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2019/01/31 07:00

「野球男子」の減少は本当に問題か。北海道の教室で出会った2人の女子。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

野球を選ぶ子供たちの数は減り続けている。野球にとっての適正なサイズ、形を探すのはこれからだ。

野球女子候補生、どれほどいるのだろう。

 野球男子が減ったのなら、野球女子が増えてもよいのでは……。

 足手まとい……そうした表現で鼻で笑った指導者の方が前にいたが、きっとその方は、野球大好き女子に出会っていないのだろう。

 特に、中学軟式。高校ほど体格差が生じないうちなら、十分肩を並べてボールを追い、バットの振れる野球女子が生まれるに違いないし、“戦力”としてだって貢献できると思っている。

 わたし、ほんとは野球やってみたい!

 そんな「野球女子候補生」、この国のあちらこちらに、いったいどれぐらい埋もれているのか。こんなにもったいない話もないな……。

 冬の北海道の小さな町の廃校になった中学校の体育館で、土地の小学生、中学生とボールを追いかけながら、そんなことをつらつら考えていた。

関連記事

BACK 1 2 3 4

高校野球の前後の記事

ページトップ