“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高橋壱晟、郷家友太、檀崎竜孔……
青森山田「7番→10番」、強者の系譜。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/01/21 17:30

高橋壱晟、郷家友太、檀崎竜孔……青森山田「7番→10番」、強者の系譜。<Number Web> photograph by Takahito Ando

全国高校サッカー選手権での決勝戦でも躍動した檀崎竜孔。青森山田の伝統は、確実に受け継がれた。

「10番は試合を決定付けられる存在」

 武田はすでに一昨年の新人戦では10番を背負っていた。

 まだ確定ではないが……すでにJクラブが獲得に動き出しているという彼が、本物の10番を背負うことになっても何ら驚きはない。

「青森山田の10番は試合を決定付けられる存在。神谷優太(現・愛媛FC)さんも点を獲っていましたし、壱晟さんも選手権で全試合ゴール、郷家さんもプレミア得点王、竜孔さんもプレミア得点王と選手権決勝で2ゴール。

 得点という部分で引っ張っていかないといけない存在だと思っています。

 今の自分には得点力が一番足りていないので、そこを磨いてチームを勝たせる存在になりたいですし、ならないといけないと思います」(武田)

 雪国の名門で受け継がれる「7番→10番」の系譜。

「これから背負っていく選手はかなりプレッシャーになると思いますが、それ以上に誇りを持って欲しいなと思います」(郷家)

 大きな自覚と責任が才能をより輝かせ、次なる上のステージにステップアップをしていく。この系譜は子供を大人にし、才能を開花させる「幸福なリレー」でもあるのだ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

青森山田高校
高橋壱晟
郷家友太
檀崎竜孔

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ