“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

パ・リーグの今季注目球団ランキング。
ロッテ打撃陣、日本ハムの甲子園組……。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/01/09 11:30

パ・リーグの今季注目球団ランキング。ロッテ打撃陣、日本ハムの甲子園組……。<Number Web> photograph by Kyodo News

2018年ドラフト会議で指名されたロッテの選手たち。(前列左から)小島和哉、藤原恭大、東妻勇輔、山口航輝、(後列左から)鎌田光津希、松田進、中村稔弥、井口監督、古谷拓郎、土居豪人。

投手陣も充実の内容を誇る。

 ちなみに、新外国人のケニス・バルガスは196センチ、133キロの一塁手でスイッチヒッター。'18年は3Aで130試合に出場して打率.240、本塁打21、打点73だった。推定年俸1億6500万円という金額を見れば期待の大きさがわかる。

 投手陣も悪くない。

 先発は'18年に13勝2敗を挙げたボルシンガーに実績のある涌井秀章、石川歩の3人がローテーションの軸を構成し、若手の二木康太、有吉優樹、酒居知史、種市篤暉に実績のある唐川侑己、西野勇士がここに絡み、'18年7月に右肘関節の遊離体を除去する手術を受けた'16年のドラフト1位、佐々木千隼の復活も十分考えられる。

 彼らで組む先発陣は昨年の上位チームに見劣りしないと私は思う。

ようやくチーム再建が終わったロッテ。

 リリーフ陣もいい。

 キャリア豊富な内竜也、松永昂大、チェン・グァンユウ、大谷智久、益田直也に若手の岩下大輝、成田翔、永野将司、さらに新人のドラフト2位、東妻勇輔(日本体育大)まで含め、分厚い陣容を誇る。

 ロッテに注目するようになったのは7月のフレッシュオールスターで、種市、岩下を見たことがきっかけだ。その後のドラフトでは3球団の指名が重複した藤原を獲得し、充実ぶりはさらに鮮明になった。

 外野陣に外国人が加わってもいいが、荻野貴司、清田育宏、菅野剛士たちが控えているので現有戦力だけでも十分戦える。

 5年間かけて、ようやくチームを立て直す陣容が揃ったという印象だ。

【次ページ】 甲子園のヒーローが並ぶ日本ハム。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
村奨吾
平沢大河
安田尚憲
藤岡裕大
藤原恭大
ケニス・バルガス
涌井秀章
石川歩
高梨裕稔
金子弌大
王柏融
清宮幸太郎
大田泰示
吉田輝星
則本昂大
岸孝之
田中和基
オコエ瑠偉
岩見雅紀

プロ野球の前後のコラム

ページトップ