プロ野球PRESSBACK NUMBER

菊池雄星を変えた炭谷銀仁朗の言葉。
「奪三振王と最多勝、どっち?」

posted2019/01/10 08:00

 
菊池雄星を変えた炭谷銀仁朗の言葉。「奪三振王と最多勝、どっち?」<Number Web> photograph by Kyodo News

西武でバッテリーを組んだ2人だが、来季から菊池はMLBのシアトル・マリナーズへ、炭谷は巨人でプレーする。

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「メジャーリーグを目指そうと思った15歳のときから、12年間ずっと夢に見てきたことです。毎年毎年、その思いは膨らむばかりでした。今はまずスタートラインに立った。でもゴールではなく、これからが本番だと思っています」

 シアトル・マリナーズへの入団を発表した菊池雄星が1月7日、挨拶のために埼玉県所沢市の球団事務所を訪れた。

 岩手県から埼玉へやってきて9年。願い続けた夢の第一歩を踏み出した。

 菊池は2010年、花巻東高校から鳴り物入りで西武に入団した。ドラフト1位で菊池を指名したライオンズは、6球団競合の末に交渉権を獲得。入団が決まった直後から注目を集め、連日、所沢市にある二軍施設には多くの報道陣が集まった。菊池の一挙手一投足にメディアは注目した。

「雄星は、どっちになりたい?」

 しかし、なかなか結果がついてこなかった。1年目は故障のため、一度も一軍に上がることなくシーズンを終える。

 2017年、最多勝を獲得した直後のインタビューで、菊池は当時をこう振り返っていた。

「2年目から一軍で投げるようになったんですけど、なかなか勝てなくて。特に3年目から5年目くらいのときは、ただただボールを投げているという感じだったんです。ただ、ガムシャラに投げていて、打たれたら『ああ、打たれてしまったな』で終わっていた。自分のピッチングについて、あまり考えていなかったと思います」

 高校生とは次元が違うプロのバッターに、苦戦する日々が続いた。

 そんな菊池を叱咤し、変えたのは入団2年めからバッテリーを組んできたキャッチャーの炭谷銀仁朗だった。

 炭谷は菊池に言った。

「もっと意図をもって投げないとアカンやろ」

「10勝10敗のピッチャーになるの? それとも15勝5敗で、勝ち星を貯金できるピッチャーになりたいの?」

「雄星は、どっちになりたい?」

 幾度も菊池に問いかけた。

【次ページ】 両極端な投球を繰り返していた菊池。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

菊池雄星
炭谷銀仁朗
埼玉西武ライオンズ
シアトル・マリナーズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ