“Mr.ドラフト”の野球日記BACK NUMBER

パ・リーグの今季注目球団ランキング。
ロッテ打撃陣、日本ハムの甲子園組……。

posted2019/01/09 11:30

 
パ・リーグの今季注目球団ランキング。ロッテ打撃陣、日本ハムの甲子園組……。<Number Web> photograph by Kyodo News

2018年ドラフト会議で指名されたロッテの選手たち。(前列左から)小島和哉、藤原恭大、東妻勇輔、山口航輝、(後列左から)鎌田光津希、松田進、中村稔弥、井口監督、古谷拓郎、土居豪人。

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 パ・リーグで2019年に注目したいチームを述べてみたい。

 まずその筆頭は、千葉ロッテマリーンズだ。

 チーム本塁打数、盗塁数が毎年のように少ないのを見れば、チャンスメイクが十分でなく、ポイントゲッター不在の状況もよくわかる。しかし、過去5年のドラフトを見れば弱点解消に懸命に取り組んでいる様子が十二分にうかがえるのである。

 '14年が1位中村奨吾(早稲田大・二塁手)、'15年が1位平沢大河(仙台育英高・遊撃手)、'17年が1位安田尚憲(履正社高・三塁手)、2位藤岡裕大(遊撃手・トヨタ自動車)、'18年が1位藤原恭大(大阪桐蔭高・外野手)という指名。

 ロッテがこれほど熱心に野手を上位で指名したのは'01~'02年(今江年晶、西岡剛などを指名)以来のことで、過去の指名の結果は'05、'10年の日本一にしっかり現れている。

 これらの上位指名野手が全員成功するとは考えにくいが、彼らはすでに素質の片鱗をのぞかせている。

一気に豪華な顔ぶれになるロッテ打撃陣。

 '18年を振り返れば中村はゴールデングラブ賞に輝き、藤岡は新人で123安打、14盗塁を記録し、平沢も打率.213は低いが62安打を放ち、安田はファームで打率.271、安打108、本塁打12を記録している。

 '19年にもし彼らが揃って戦力になったら次のような布陣が可能になる。

(捕手)田村龍弘・25歳
(一塁)井上晴哉・30歳
(二塁)中村奨吾・27歳
(三塁)安田尚憲・20歳
(遊撃)藤岡裕大・26歳
(左翼)角中勝也・32歳
(中堅)平沢大河・22歳
(右翼)加藤翔平・28歳
(DH)バルガス・29歳

 この中に鈴木大地がいない。2年目の'13年から6年連続で規定打席に到達し、遊撃手としてはベストナイン2回、二塁手としてはゴールデングラブに1回輝いている来季30歳のチームリーダーがレギュラーから外れる状況は考えづらいが、藤岡と安田の成長を考えれば鈴木が控えに追いやられる可能性はなくはないのだ。

【次ページ】 投手陣も充実の内容を誇る。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
村奨吾
平沢大河
安田尚憲
藤岡裕大
藤原恭大
ケニス・バルガス
涌井秀章
石川歩
高梨裕稔
金子弌大
王柏融
清宮幸太郎
大田泰示
吉田輝星
則本昂大
岸孝之
田中和基
オコエ瑠偉
岩見雅紀

プロ野球の前後のコラム

ページトップ