Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

酒井宏樹がベルギー戦後に語った、
W杯での涙と「次へ行く理由」。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/JMPA

posted2019/01/06 08:00

酒井宏樹がベルギー戦後に語った、W杯での涙と「次へ行く理由」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/JMPA

マルセイユでリーグアン屈指のサイドバックとなった酒井宏樹。アジア杯でもその経験値を生かしてほしい。

悔しさを持てるのは凄く幸せ。

 前回のブラジルワールドカップでは出場機会が訪れなかった。自分のポジションには、いつも内田篤人がいた。マルセイユに来たことで彼の凄さも理解できたという。

「人をうまく動かせれば、とんでもない相手とも互角に戦える。そのことが最近になって良く分かるようになったんです」

 酒井は今の自分を素のままに、ワールドカップで出したに過ぎない。あらゆるものが見えてきたからこそ、己の未熟な部分にも気づき、芽生えた悔しさが離れない。
 笑顔に切り替えた彼は前を向く。

「サッカー選手にとって、悔しさを持てることは凄く幸せ。その舞台に立って味わえたのは良かったなって思います。次に行く理由を見つけることができましたから」

 夜空が霞んだのは、決意の涙がそうさせた。いずれきれいな空を眺めるために。

(Number957号『酒井宏樹 僕らはベルギーの息の根を止められた。』より)

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
酒井宏樹
西野朗
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ