Number PLAYBACKBACK NUMBER

内田篤人流、欧州で活躍する秘訣。
「結局根性。嘘をついちゃダメ」 

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byEri Kawamura

posted2019/01/03 17:00

内田篤人流、欧州で活躍する秘訣。「結局根性。嘘をついちゃダメ」<Number Web> photograph by Eri Kawamura

欧州での経験を語ってくれた内田篤人。鹿島復帰1年目の2018年にはACL制覇に貢献した。

日本は綺麗にプレーしがち?

「だからこそ、自分がグラウンドでプレーする姿を見せられていないことが、本当に申し訳ない。本音を言えば、スタジアムや練習場に来てくれるみなさんには、“CLに出られる選手って、こんなもんじゃないんだよ”って伝えたいんだ。でも、それは俺自身がグラウンドで示さなきゃいけないってことも、わかってる」

 '15年に手術した右膝は、今なお完治せず。鹿島に戻ってきてからも、負傷離脱と復帰を繰り返している。さらに、ドイツと日本とでの、サッカーのスタイルの違いにも戸惑った。

「やっぱり日本だと、みんなポゼッションを意識して、良い意味でも、悪い意味でも綺麗にプレーしようとする。例えばカウンターのときの判断。シャルケにいたときに、日本代表の試合を見たドイツ人のお手伝いさんに言われたんだ。『なんで日本の選手たちは、せっかく攻めているのに相手が守備に戻ってくるのを待つの? なんでシャルケみたいに速く攻めないの?』って。そのお手伝いさんは、サッカーのこと全然詳しくないんだけど、そういう人ほど違いに気づくんだろうな。なるほどなって」

俺が思う理想のサイドバック。

 鹿島でも、シャルケでも、「結果を出す」ことにこだわり、「結果を出す」ことで存在価値を示してきた男が、ベンチメンバーからも外れ、スタンドから試合を見る現状が、悔しくないはずがない。

 それでも、スタンドから俯瞰的にチームを見て、気づいたこともある。

「上から試合を見ていると、“あ、俺ならここにパス出すよな”“あそこにスペースがあるから、こう動くよな”ってイメージできる。だから、頭の中で動いている男が、今、俺が思う理想のサイドバックだね」

 最後に、ちょっとだけ嬉しそうに報告してくれた。

「最近、体の調子が良いんだ。'15年以来、初めてなんじゃないかってぐらい、ちゃんと練習もできている。今はとにかく離脱せずに、長く練習したいんだよね」

 インタビューから数日後、内田はAFCチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦の天津権健戦に先発フル出場し、2-0の勝利に貢献した。

「30歳。終わるには、まだ早いよ」

 この言葉も、きっと嘘じゃない。

(Number961号『内田篤人「欧州では嘘をついちゃいけない」』より)

越境フットボーラー欧州戦記。Challenging in EUROPE 1998-2018
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

内田篤人
鹿島アントラーズ
シャルケ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ