欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

『ファンタジー』で見るプレミア。
ゲーム内でサラーより人気なSBは?

posted2019/01/04 16:30

 
『ファンタジー』で見るプレミア。ゲーム内でサラーより人気なSBは?<Number Web> photograph by Uniphoto press

日本での知名度はそこまでではないが、ゲーム内では超有名人のドハーティ。そんな副次効果もあるのだ。

text by

吉江武史

吉江武史Takeshi Yoshie

PROFILE

photograph by

Uniphoto press

『Fantasy Premier League』をご存知だろうか。プレミアリーグが公式に運営している参加無料のオンライン・ゲームだ。

 ユーザーはプレミアでプレーする全選手の中から15人を選んで、自分だけのチームを作る。そこから毎節11人を送り出し、その選手が実際の試合で活躍するとポイントが加算され、トータルスコアによって世界中で順位を競うのだ。

 15人を選ぶ際にはいくつかルールがある。

(1)メンバー構成はGK=2人、DF=5人、MF=5人、FW=3人。そこからスタメン11名を選ぶ。

(2)1つのクラブから獲得できる選手は最大3名まで。

(3)選手はゲーム独自に設定された『Player Prices(選手価格)』で“総額1億ポンド以内”とする。

選手のコスパが勝負を分ける。

 とりわけ(3)のルールに、このゲームの絶妙な面白さがある。たとえばモハメド・サラー(リバプール)の『価格』は1320万ポンドで、エデン・アザール(チェルシー)なら1100万ポンド(※12月25日時点)。だからチーム15名の総額を1億ポンド以内に収めるためには“サラーやアザール級のスター選手”ばかりをそろえることはできない。つまり、スターを入れたら他のポジションで選手の価格を抑える必要が生じ、いわゆるビッグネームでない選手も入れなければいけない。

 そこで選手の“コスパ”を吟味しながらチーム構成を考え抜くのが、ファンタジーの醍醐味だ。節ごとにメンバーを「移籍」によって入れ替えることもできるため、ユーザーは「いま現実のプレミアで誰が好調なのか」を見極めながら、いかに「次節で活躍しそうな選手」を予想するかがカギになる。

 そんな世界中からユーザーが集まるファンタジーのスコアを見渡せば、プレミアリーグの“いま”が見えてくる。

【次ページ】 サラーやアザールに続いて……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

モハメド・サラー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ