欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ビエルサ、グアルディオラにポゼッションで上回りドロー 選手交代とマッチアップの妙を検証

posted2020/10/15 17:02

 
ビエルサ、グアルディオラにポゼッションで上回りドロー 選手交代とマッチアップの妙を検証<Number Web> photograph by Getty Images

雨の中での試合となったマンチェスター・シティ戦で指示を出すビエルサ(右)

text by

赤石晋一郎

赤石晋一郎Shinichiro Akaishi

PROFILE

photograph by

Getty Images

プレミアリーグ、リーズ監督マルセロ・ビエルサの人柄と戦術を日本人唯一の“門下生”である荒川友康氏(FCトレーロス所属)が語るこの連載。第3回は8年ぶりの“名将対決”となったマンチェスター・シティ戦を戦術面から解説します。
後編「ビエルサ考案『4-1-1-1-3』の“ORIGINAL”な衝撃 『システムは10個』と豪語するワケ」もご覧ください。

 10月3日、エランド・ロード(リーズ・ユナイテッドの本拠地)で行われたリーズ・ユナイテッド対マンチェスター・シティは注目の1戦となった。

 マルセロ・ビエルサとペップ・グアルディオラという稀代の名将と呼ばれる2人の8年ぶりの再戦である。

 気温12度、冷たい小雨が降るヨークシャーで行われたリーズのホームゲームは、“美しい試合”と絶賛された2011-2012シーズンのリーガエスパニョーラ12節(アスレティック・ビルバオ対バルセロナ)、雨中のサン・マメスで行われたビエルサとペップの闘いの再現が期待された。

https://number.bunshun.jp/articles/ー/844993?page=4 参照)。

 ホームのリーズのシステムは4-1-4-1という通常の形、マンチェスター・シティも4-3-3といつものシステムで試合に臨んだ。

「ビエルサは私がサッカー界で最も尊敬している人物」

 前節、レスターを相手に2ー5の大敗を喫していたペップにとっては負けられない1戦だった。最大のライバルであるリバプールとの差をこれ以上、広げるわけにはいかないとも考えていたはずだ。一方でリーズは昇格組ながら現在2連勝中と波に乗っており、その将はペップが師と仰ぐビエルサ監督である。試合前会見でペップは、最大限のリスペクトを感じさせる言葉でこう語った。

「ビエルサは私がサッカー界で最も尊敬している人物だ。監督としても、人間としてもね。彼のような存在は他に類を見ない。特にピッチ上での振る舞いや、メディアとの関わり方は学びになる。かつてスペインで彼と共に過ごすことができたことは、とても幸運なものであり、また刺激的でもあったね。

 ただ私の持つ理論は、彼の知識からは遠く及ばないように感じる。だから彼がプレミアリーグにいることは、良いプレゼントだと思っているよ」

 一方、ビエルサは試合前会見でこう語った。

「クロップはクロップ、グアルディオラはグアルディオラ、私は私であって単純な比較などできません。自分は決してペップの師匠ではない。

 1つ思うのがグアルディオラはサッカーに大きなダメージを与えた、と言うことです。なぜなら、グアルディオラと戦う多くのチームが、(システムも戦い方も)自分の目指すサッカーを実行する代わりに、"いかにして守るか"というシステムを作り上げてしまったからです」

 ビエルサは独特の言い回しでペップのサッカーを賞賛し、同時に現代サッカーに横たわる問題も指摘した。その示唆に富んだ言い回しは、シティ戦では自分は“違う”サッカーを見せるという意思表示にも聞こえた。

【次ページ】 あらゆる事に対するリスペクトが必要である

1 2 3 4 5 6 NEXT
マルセロ・ビエルサ
ジョゼップ・グアルディオラ
リーズ・ユナイテッド
マンチェスター・シティ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ