月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

野球ファンは人事の話が大好きだ。
プロテクトと人的補償の報道祭り。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/12/31 08:00

野球ファンは人事の話が大好きだ。プロテクトと人的補償の報道祭り。<Number Web> photograph by Kyodo News

西武に移籍、入団記者会見で渡辺久信SD(右)と握手する内海哲也投手。

ドラフトが「正々堂々」に変わった影響。

 そのあと活字ドラフトは有志のたしなみどころか、立派な野球文化として成長したのはご承知のとおり。

 ただ、近年のドラフト会議は多くの球団が指名選手を事前に公表する「正々堂々」スタイルになった。それはフェアで喜ばしいことであるが、活字ドラフトを堪能する者としては狸の化かしあい、疑心暗鬼が横行していた頃もたまに思い出す。

「巨悪・巨人」の振る舞いや叩かれっぷり、「新時代の盟主・西武」がまた仕掛けてきた!という興奮。

 ひとことで言えば「フタを開けてみなければわからない」がドラフト報道の肝であった。そして、そのような時代はもう終わった。

 しかし。

 私は気づいてしまったのだ。「ポスト・活字ドラフト」記事を。

 世間には決してオープンにならない情報。球団間でひっそりとおこなわれ、ファンは全貌を知ることができない。だからこそ熱い注目を浴びている物件。

 それが、FAにともなう「プロテクト(人的補償)」なのである。まさにこれがフタを開けてみなければわからないのである。

野次馬にはたまらないプロテクト予想。

 ネットではすでにプロテクト予想を楽しむ秀逸な記事はあるが、最近はプロの記者が予想する記事が新聞にも出るようになった。

 たとえば次のようなもの。

『重信流出ある? 巨人プロテクトを本紙記者がガチ予想』(12月6日・東スポWeb)

《巨人は今オフ、FA宣言した炭谷銀仁朗捕手(31)、丸佳浩外野手(29)の獲得に成功。一方で、両選手とも旧所属球団での年俸額がBランク以上のため、今後は西武と広島それぞれに対して金銭補償、または金銭+人的補償が発生する。果たして有望株の流出はあるのか…。提出目前のプロテクトリストを本紙巨人担当がガチ予想。併せて番記者3人の激論模様をお届けする。》

 選手からすればまったくもって大きなお世話であるが、野次馬からすればたまらない記事である。初期のドラフト予想記事を思い出す。

【次ページ】 ネガティブなほどエンタメになる。

BACK 1 2 3 4 NEXT
内海哲也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ