Sports Graphic NumberBACK NUMBER

川口能活×楢崎正剛「好敵手として」
レジェンド守護神対談完全版・前編 

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/01/06 11:15

川口能活×楢崎正剛「好敵手として」レジェンド守護神対談完全版・前編<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「ヨッちゃん」、「正剛」と呼び合う仲。日本サッカーのGKの概念を変えた2人は、本当にお互いを認めているのだ。

ヨッちゃんは「お手本」。

――最初から「ライバル」として意識していましたか。

川口 選手権の時から正剛が素晴らしいGKであることはわかっていましたから。年齢も近いし、「これから競い合っていくだろうな」って。この年に僕がマリノスでデビューして、その後すぐに正剛がフリューゲルスでデビューした。高卒のGKがすぐに試合に出るのは大変ですから。「もしも代表に選ばれたら、これは俺と正剛で争っていくんだろうな」って思っていましたよ。

楢崎 僕にとってヨッちゃん(川口)は、常に先を行く先輩だったので、ライバルというよりお手本だった。だから最初の頃は、そこについていくイメージでしたね。だって、中学でも高校でも活躍していたし、ユース代表でも五輪代表でもプレーしている姿を見ていたから。それもあって、合宿で顔を合わせた時には、「あっ! 川口さんだ」みたいな感じだった(笑)。

――そこから、代表の正GKを争う関係となります。メディアでも常に比較され続けました。代表の練習場で、2人が話していると報道陣がざわついたり。

川口 それがわからないんだよな(笑)。

楢崎 昔はそうやって比較されて、こっちが気を使う部分もあったかもしれない。でも、俺は別に普通でしたよ。比較されることが嫌でもなかった。だって、俺にとっては光栄な話でしかないでしょ。

川口 普段は、普通に仲がいいからね。でも、世間の人にはなかなかわかってもらえなかったかもしれない。練習場や試合では切磋琢磨しているし、メディアにはそういうところしか映らないから。プライベートや練習以外の部分が、なかなか映らない分、ライバル関係のところばかりが注目されたのかな。でも、世の中の人たちがGKに関心を持ってくれて、「正剛の方がいい」「いや、川口がいい」って議論になったことには、すごくやりがいを感じましたよ。

楢崎 取材を受けた時に、あえて強気なことを言ったりもしたけど、別に強がりではなくて、比較された時に、あえて「負けてないよ」と言うのも大事かなって気もしていたから。だからといって、リスペクトしていないわけじゃない。なんていうか……当時はあんまり深く考えて答えてないっす(笑)。自分が思ってもいないようなことを聞かれたりもしたから。

川口 けっこう意地悪な質問もされたしね。

楢崎 繰り返し同じことを聞いてきたりね。

【次ページ】 存在感の能活、確実性の正剛。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川口能活
楢崎正剛

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ