Sports Graphic NumberBACK NUMBER

川口能活×楢崎正剛「好敵手として」
レジェンド守護神対談完全版・前編 

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/01/06 11:15

川口能活×楢崎正剛「好敵手として」レジェンド守護神対談完全版・前編<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「ヨッちゃん」、「正剛」と呼び合う仲。日本サッカーのGKの概念を変えた2人は、本当にお互いを認めているのだ。

GKをやめたいと思わなかった?

――GKはミスが失点に直結するポジションです。代表でのミスともなれば、精神的なショックも大きいと思います。ミスを引きずることはありませんでしたか。

楢崎 俺は1回、引きずったことがありますよ。'01年にアウェーでフランスに0-5で負けたときに。ミスから失点して、次の試合からはスタメンから遠ざかって。あの時は、精神的に引きずったというか、挽回しようにもその機会がなかった。「代表でのミスは、代表で取り返そう」と思っていたから。ずっと「どうにかして挽回したい」と思っていましたね。

川口 僕らは、どちらかがミスをすれば、すぐにレギュラーが入れ替わる。その繰り返しでしたから。だからこそ、仮にミスをしても引きずっていられない。常にポジティブに、次のチャンスまで頑張る。そういう緊張感の中で戦っていた気がします。

楢崎 緊張感はあったね。練習でも。

川口 そう。練習でもミスはできないし。

楢崎 お互いが良いプレーをすれば、自然と目に入る。だから「負けていられない」って。自分が試合に出ている立場だったらなおさらだし、出ていないときでも。

――ストレスも溜まるポジションですが、GKをやめたいと思ったことはありませんでしたか?

楢崎 俺はあんまりないかな。

川口 昔、土のグラウンドでセービングして、足が血だらけになったこともあったけど、それでもやめたいと思ったことはなかったね。

楢崎 親のほうが「やめてくれ」と思ったかもしれないね。学生の頃は練習で夜遅く帰って、朝早く出て行く。洗濯とかも大変だっただろうし、親に任せっぱなしだったから。道具も、GKはスパイクだけじゃなくて、グローブも必要だからね。

川口 今と違って、グローブの値段も高かったもんね。

後編に続く)

<創刊35周年記念号>日本サッカーへの提言。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

川口能活
楢崎正剛

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ