JリーグPRESSBACK NUMBER

浦和・山田直輝、またケガと戦って。
梅崎司と田中達也の存在が「支え」。

posted2018/12/24 11:00

 
浦和・山田直輝、またケガと戦って。梅崎司と田中達也の存在が「支え」。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

浦和は天皇杯優勝で来季ACL出場権を獲得した。ケガの癒えた山田直輝にも、チャンスは巡ってくるはずだ。

text by

佐藤亮太

佐藤亮太Ryota Sato

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

 果たしてサッカーの神様は、山田直輝を見てくれているのだろうか――。

 天皇杯準決勝前日の12月4日。来季のアジアチャンピオンズリーグ出場をつかむべく、浦和レッズのクラブハウスは大小80枚の横断幕で埋め尽くされ、350人のサポーターが詰めかけた。この賑わいのなか、彼は静かにその口を開いた。

「自分が思い描いたものとは全く違った結果になった。起きてしまったことはどうしようもない」

 この言葉が山田直輝の2018年シーズンを物語っている。

 昨年12月、湘南ベルマーレでの3年間の期限付き移籍を経て、山田は意気揚々と浦和復帰を果たした。柏木陽介、長澤和輝らといった中盤のライバルとの競争に勝ち、日本代表復帰、ロシアW杯出場を目指していた。

 しかし、現実は厳しかった。

湘南戦、森脇のボランチ起用。

 シーズン前、ケガで出遅れ、開幕後もコンディションは上がらないまま。そしてクラブもユース時代の恩師である堀孝史監督が更迭。大槻毅暫定監督を経て、オズワルド・オリヴェイラ監督就任と刻々と状況は変わった。

 そんな中で、山田に出番がやってきたのは第11節、昨季まで所属した湘南戦だった。

 自身にとって今季リーグ初先発。そしてオリヴェイラ新監督にとって、初の埼スタでの采配。期待に応えるべく山田はピッチを駆けたが、相手GKと1対1となったシュートが阻まれるなど前半のみの出場に終わった。

 0-1で敗戦した試合後、山田はこう唇を噛みしめた。

「僕の1本で結果を変えられた。悔しい」

 山田がさらにショックを味わったのはヴァンフォーレ甲府とのルヴァンカップ・プレーオフ第1戦、0-2で迎えた61分のことだった。途中出場した森脇良太が起用されたのは未経験のボランチ。これに本職の山田は「まだ僕は監督に信用されてない」と落胆した。

【次ページ】 駒場で久々のゴール。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

浦和レッズ
山田直輝
梅崎司
田中達也

Jリーグの前後のコラム

ページトップ