JリーグPRESSBACK NUMBER

内田篤人に帰国を決断させた“流れ”。
「動けるうちに好きな鹿島へ帰る」

posted2018/01/25 07:00

 
内田篤人に帰国を決断させた“流れ”。「動けるうちに好きな鹿島へ帰る」<Number Web> photograph by Getty Images

ノイアーはバイエルン移籍後も内田とピッチ上で笑顔を見せた。それほどまでブンデスリーガで愛されたのだ。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Getty Images

「もともと、僕は絶対に海外でプレーしたいとか、そういうタイプの選手じゃなかった。でも、周りの信頼する人たちがみんな『行ったほうがいい』というから、じゃあ『一度行ってみるか』という感じでドイツへ行った。

 そのときから“鹿島へは帰ろう”と思っていた。30歳で迎えるシャルケとの契約満了(2018年夏)での帰国を考えていたから、それが半年早くなっただけのこと。だから鹿島へ戻ってこられたのは、本当にうれしい」

 1月5日、取材の席で会った内田篤人の笑顔に曇りはなかった。

「ドイツで、ひとつのクラブにずっと長くいるつもりもなかった。でも、いいスタジアムでサッカーができることを楽しめて、2度も契約を延長してもらい、結果的には当初のイメージよりも長くヨーロッパでプレーできた。流れに身を任せた的な感じかな。そんな感じです。ふわふわっと」

マガト監督、ドラクスラーが面倒を見てくれた。

 内田は、欧州でのプレーを目標にしていた選手ではなかった。移籍初年度の2010-2011シーズン、シャルケが出場するチャンピオンズリーグのことも、いまひとつ理解していなかったのは有名な話だ。

 当時「みんなに『チャンピオンズリーグに出られるなんてすごいね』って言われるんだけど、そんなにすごい大会なの?」と質問されたことを覚えている。こちらが熱心に説明しても、ピンとこない様子だった。

 そんな男が8カ月後に準決勝でマンチェスター・ユナイテッドと戦ったのだから、運命というのは面白い。巡り合わせの良さや周囲に恵まれたのも事実だが、これは偶然ではない。

 内田は、入団当時のマガト監督や同僚だったドラクスラーといった懐かしい名前を思い出しつつ、こう話す。

「監督がよかったんじゃないかな。練習がハードすぎて、余計なことを考えられない。やるしかないという環境だったからね。そして、チームメイトには本当に恵まれたね。年下のユリアン(ドラクスラー)をはじめ、みんなが面倒を見てくれたから」

【次ページ】 「今のウッシーに……」と気遣ってくれたノイアー。

1 2 3 4 5 NEXT
内田篤人
シャルケ
マヌエル・ノイアー
ユリアン・ドラクスラー
フェリックス・マガト
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ