SCORE CARDBACK NUMBER

ビジャ加入で黄金ライン開通。
神戸の「なりたい自分」とは?
~何にせよ、目標が明確なのはいいことだ~

posted2018/12/25 06:00

 
ビジャ加入で黄金ライン開通。神戸の「なりたい自分」とは?~何にせよ、目標が明確なのはいいことだ~<Number Web> photograph by KYODO

イニエスタにも相談し、神戸加入を決めたビジャ。「このプロジェクトへの挑戦に大きな魅力を感じています」。

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

KYODO

 いま、話題の映画『ボヘミアン・ラプソディ』とやけに重なって見えた。伝説のロックバンド「クイーン」の生きざまが、2018年のチャンピオンたちと。

 自分がなりたいものであれ。誰に何を言われようとも――。

 自分が何者かは自分で決める。鹿島アントラーズ(アジア王者)も、川崎フロンターレ(J1王者)も、湘南ベルマーレ(ルヴァンカップ王者)も、そうしてチャンピオンになった。雑音も葛藤も、乗り越えて。

 勝ってナンボの鹿島、攻めてナンボの川崎F、走ってナンボの湘南。あまりにも乱暴なくくり方だが、彼らはそこに大小さまざまな要素を重ねる試行錯誤の末に、自らをほかの何者でもない「自分色」に染め上げた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ヴィッセル神戸
ダビド・ビジャ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ