“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高校で無名の東海学園大トリオが、
風間グランパス内定を得た技術力。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/12/19 07:00

高校で無名の東海学園大トリオが、風間グランパス内定を得た技術力。<Number Web> photograph by Takahito Ando

4人のJ内定を出した東海学園大。インカレの集合写真では欠場の渡邉のユニフォームとともに写真に収まった。

「僕は上手さで勝負している」

 その言葉に対して児玉もまっすぐ前を向いて、こう想いを口にした。

「僕もそう思います。僕自身、上手さで勝負をしている選手。上のレベルに行けば行くほど、下手な選手なんて存在しないので、僕はそこを磨きたい。風間(八宏)監督は上手い選手が好きだと思いますし、それを磨くスタイルは僕も崩すつもりはないので、それに強さとか頭脳などをプラスしたいと思います。

 風間さんも安原さんもすごく考え方が似ている。安原さんは下手な選手は使わない。風間さんは“止める、蹴る”がきちんとできないと、年齢を重ねたときに通用しなくなるという考え。そこは僕もそう思うので、信念を持ってやりたいです」

自分に甘かったら下手になる。

 2人のコンビネーションは東海学園大では見られなくなってしまうが、グランパスでこれからも見られる。もちろん、そこには無念の欠場を強いられた渡邉もいる。

 渡邉は敗れ去り、涙する仲間達を神妙な面持ちで見つめていた。「復帰を目指していましたが、迷惑をかけて申し訳ないと思っています。この悔しさを次の舞台でぶつけて、活躍できるように頑張りたいと思います」と、気丈に振る舞う彼もまた、東海学園大で急成長したことには間違いないのである。

 無名の頃から徹底して「技術」という名の信念を磨き上げ、プロのステージに立つ権利を勝ち取った。3人が同時にピッチに立ち、磨き上げた信念を共鳴させて、観客を魅了するサッカーを披露する日のために、彼らはこれからも変わらぬスタンスで前進し続ける。

 最後にその想いを榎本がこう代弁した。

「ライバルは自分自身だと思う。結局のところ自分に甘かったら、下手になっていくだけ。自分に厳しくやれば上にいけると信じています。J1で試合に出ないといけないので、そこを目指してレベルアップしていきたい」

関連記事

BACK 1 2 3 4
名古屋グランパス
東海学園大学
風間八宏
渡邉柊斗
榎本大輝
児玉駿斗
鹿山拓真
安原成泰

Jリーグの前後の記事

ページトップ