フランス・フットボール通信BACK NUMBER

アジア杯シリア監督、シュタンゲ。
戦争に負けず生きる70歳の半生。 

text by

アレクシス・メヌージュ

アレクシス・メヌージュAlexis Menuge

PROFILE

photograph bySoccer Iraq

posted2018/12/11 07:30

アジア杯シリア監督、シュタンゲ。戦争に負けず生きる70歳の半生。<Number Web> photograph by Soccer Iraq

ドイツ、ウクライナ、オーストラリア、オマーン、イラク、キプロス、ベラルーシ、シンガポールで指導後、シュタンゲはシリアで最後の課題に取り掛かった。

ドイツ協会もそのサッカー活動を支援。

 シリアの場合、国際的な緊張状態は今も続いているとはいえ、社会は平穏で安定している。

 しばらく前にシリア代表は、ドイツ協会とオーストリア協会の支援を受けザルツブルク近郊で3週間におよぶ合宿を行った。緑に囲まれた静かな環境の中での実り豊かな合宿となった。

「こんなことができるとはシリアの人々は誰も想像していなかった。だがわれわれはここまで来ることができた。そのことを誇りに思う」

 シリアでの仕事が彼の自伝の最終章となる。

 アジアカップ終了後、彼は今度こそ本当に引退を決意している。その数奇な運命を鑑みれば、後に記される自伝が大著になるのは間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ベルント・シュタンゲ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ