バスケットボールPRESSBACK NUMBER

八村、渡邊不在もW杯予選6連勝。
比江島慎が豪州で得た逞しさとは。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2018/12/06 07:30

八村、渡邊不在もW杯予選6連勝。比江島慎が豪州で得た逞しさとは。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

比江島慎はカザフスタン戦で3ポイントシュートを決めるなど、チームを勢いづかせた。

「行って後悔はしていない」

 ホームのブリスベンでの試合には日本から来てくれたファンに対し、比江島は「わざわざ来てもらって試合に出られないのが申し訳ない。だから全力でサインをしています」と礼節を忘れない。

 今回のカタール戦、カザフスタン戦は「どんどんシュートを打って点を取って、もう一度自信をつけてオーストラリアに帰りたい」と話していた彼にとって、十分に手応えをつかめた試合になったはずだ。

 今後はワールドカップ予選Window6として、来年2月21日にイラン、同24日にカタールとのアウェイ連戦が待っている。オーストラリアでのプレータイムを増やすことがWindow6でのカギとなる。

「行って後悔はしていないですし、行ってみないとわからないこともあります。全然マイナスにはとらえていません」

 比江島の目の輝きは増している。

関連記事

BACK 1 2 3 4
比江島慎
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後の記事

ページトップ