欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

酒井高徳がブンデス2部で新境地。
キャプテンは辞退しても立場は不変。

posted2018/12/01 11:00

 
酒井高徳がブンデス2部で新境地。キャプテンは辞退しても立場は不変。<Number Web> photograph by Getty Images

ハンブルガーで奮闘する酒井高徳。日本代表引退後も、クラブでは主力としてプレーしている。

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph by

Getty Images

「勝てた試合。勝ち点3を失ったのと同じですね。チャンスもいっぱいあったから」

 HSVの酒井高徳は悔しそうに振り返った。11月26日ホームにウニオン・ベルリンを迎えたブンデスリーガ2部第14節を2-2の同点で終えた後のことだ。

 試合前の時点で、首位HSVと3位ウニオンとの差は4ポイント。首位街道を走るHSVにとって、この試合で勝利できれば大きかったが、開始12分に先制点を許してしまう。

「ここからは、メンタリティが大事だ。後半は相手が落ちてくるから、絶対に自分たちの時間ができる。そこで点が取れればこの試合をひっくり返せる」

 ハーフタイム、酒井はチームメイトにそう訴えたという。

 長くHSVでキャプテンを務めてきた酒井だったが、今季はその任には就いていない。「チームを変えるべきだ」と、昨季2部降格が決まった時点で監督に対して、キャプテンをやめる決意を告げたという。

 しかしこの日は主将のアーロン・ハントが途中交代した74分から、酒井がキャプテンマークを引き継いだ。

セカンドボールを拾いあう難しい状況。

 試合は酒井の言葉通り、HSVが後半はアグレッシブに攻勢をかける。すると58分、65分と得点を重ねて逆転に成功した。しかしその後何度も迎えたチャンスでは追加点が奪えず、結果的には相手のロングボール対策で高さのあるDFを投入したことが裏目に出た。そう酒井は考えていた。

「相手はロングボールだけだったので、そこでヘディングに強い選手を3枚並べた。それによって、前に人数がいなくなった。(自分たちの)ゴールから遠い場所でボールキープすべきだったのにできなくなった。そうなると自然にチーム全体が下がる結果となり、クリアしても相手ゴールに近い場所で、セカンドボールを拾いあう難しい状況になった」

【次ページ】 37歳の新監督のもとで。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

酒井高徳
ハンブルガーSV

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ