“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

兄の背中を追い、その夢を継ぐ……。
草津東の2年生ストライカー、全国へ。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2018/11/28 17:00

兄の背中を追い、その夢を継ぐ……。草津東の2年生ストライカー、全国へ。<Number Web> photograph by Takahito Ando

左が兄の渡邉悠斗、右が渡邉颯太。仲の良い兄弟の夢は……これから始まるのだ。

選手権を家族で応援しに行くため……。

 弟の思いを感じながらも、退部した後、悠斗は自分で決めた道を歩み始めた。

 下校する際、グラウンドで颯太や仲間がサッカーに打ち込む姿を見ながら、家に帰って1日7時間の受験勉強に打ち込む日々が始まった。

 もちろんサッカーを嫌いになった訳ではない。選手権予選が始まると、模試の日以外は弟とチームメイトの応援に駆けつけた。決勝の日も草津東のジャージを着て、バックスタンドで声を枯らして応援し続けた。

「去年の選手権で取材を受けた時に、『もう一度このピッチに兄弟で帰って来ます』と言ったんです。もし自分がピッチに立っていたら、自分も弟と同じ形で喜びを味わえたと思うとちょっと悔しいですね。

 でも、この優勝は励みになりました。選手権(の本大会)は家族みんなで観に行くので、それまでに勉強を今まで以上に頑張っておきたいと思います。選手権後にセンター試験があるのですが、選手権を観に行けるくらいに勉強をしっかりとやって、試験に対する自信を持ってみんなの応援に行きたい」

 悔しさを抱えながらも、悠斗は自分が選んだ道を信じて全力を尽くすことを再確認し、弟と仲間に自らのサッカーの思いを託したのだ。

なんとしても青森山田にリベンジを!

「お兄ちゃんは自分がしんどいときも、常に僕のことや、家族のことを考えてくれていた。それに中3のときは、お兄ちゃんからガミガミ言われるのは嫌だったけど、今は勉強も頑張っていて、草津東に来て良かったと思えるんです。

 お兄ちゃんが言っていたことは間違っていなかったと思っています。これからも、勉強は兄ほどではないかもしれませんが、しっかりやっていきたいと思っています。もちろん、サッカーを高3の最後の冬まで続けたいですし」(颯太)

 簡単ではない決断を下したからこそ、その想いはしっかりと周りに伝わっている。少なくとも弟には確実に。最後に悠斗はこう語ってくれた。

「弟にはサッカーをやれるところまで続けて、上に行って欲しいですし、チームメイトにも選手権で上に行って欲しい。

 初戦の相手は去年と同じ青森山田。周りはみんな『青森山田が勝つ』と思っていますけど、みんなにはそれを覆して、リベンジを果たして欲しい。1回でも勝ってみんなにいい思いを味わって欲しいんです。僕も1試合の応援で帰りたくないですから(笑)。みんなに勇気をもらって、その後の受験を頑張って、第一志望の大学に合格したら、またサッカーを始めようと思っています」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
草津東高校
渡邉颯太
渡邉悠斗
青森山田高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ