欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

モウリーニョは、やっぱり面白い。
愛と憎しみで彩られる稀代の策士。

posted2018/11/15 10:30

 
モウリーニョは、やっぱり面白い。愛と憎しみで彩られる稀代の策士。<Number Web> photograph by Uniphoto PRESS

モウリーニョは常に観る者の心をプラスにもマイナスにも揺さぶる。稀代のエンターテイナーたる所以だ。

text by

井川洋一

井川洋一Yoichi Igawa

PROFILE

photograph by

Uniphoto PRESS

 ユベントス・スタジアムでの逆転勝利の後に、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が披露した表情と仕草を見ただろうか。

 チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節終了直後に、それは全世界に中継された。

 手を耳の後ろに回し、片方の口角を上げ、目を半開きにし、「さっきまでの威勢はどうした?」とでも言いたげに、ホームのユベントス・サポーターを挑発。エリートチームを統率する55歳の指揮官としては、稚拙なリアクションと捉えられても仕方ないだろう。

 スカイ・イタリアが報じたところによると、直後にユーベのパウロ・ディバラとレオナルド・ボヌッチは敵将のもとへ歩み寄り、「そんなジェスチャーをする必要はない」と伝え、ユナイテッドのレジェンドであるポール・スコールズは「不要なことをしたものだが、あれこそ、彼のやり方だ」とBTスポーツの番組で痛烈に批判した。

 試合後の記者会見でモウリーニョは、「94分間を通して相手サポーターから侮辱され続けた。攻撃的だったのは自分のジェスチャーではなく、彼らの方だ」と興奮気味に語った。

 ただし落ち着いてからは、「あんなことはすべきではなかったかもしれない。でも自分の家族やインテル(・ミラノ)時代のファミリーまでも馬鹿にされたので、つい(過剰に)反応してしまった」と自らの落ち度も認めている。

「フットボールはエモーションだ」

 ユベントスのサポーターにとって、過去にインテルを率いて三冠を成し遂げたモウリーニョは憎き存在だ。そしてラテン系の人々が敵を罵る際に使う言葉には、時に聞くにたえない種類のものがあるという。きっとあの夜のトリノにも、露骨な雑言が響いていたはずだ。

 以前、ある男性誌のインタビューで「フットボールはエモーションだ」とモウリーニョは言っていた。戦術や駆け引きに長けた指揮官が、そんな回答をしたことに少し驚いた。またそのなかで、「トップレベルのフットボールの監督は高給を取りすぎている。心臓外科医など、人間の生命に直接関わるような職業と比べれば、それは法外だ」とも語っていた。

 現在、ユナイテッドから年俸1800万ポンドと言われる報酬を受け取っていることを考慮すれば、体裁を取り繕っただけかもしれないが、彼は欧州のメディアが頻繁に否定するほど、嫌な人物ではないと個人的には想像する。時折、彼の肥大したエゴが表面化するのは事実だけれども。

【次ページ】 G・ネビルはモウリーニョを全力で支持。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョゼ・モウリーニョ
マンチェスター・ユナイテッド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ