炎の一筆入魂BACK NUMBER

松山竜平、早々にカープ残留決断。
新井さんの“いじられキャラ”継承?

posted2018/11/13 11:30

 
松山竜平、早々にカープ残留決断。新井さんの“いじられキャラ”継承?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

プロ11年目の今季は初めて規定打席に到達して124試合で打率.302、12本塁打、74打点。日本シリーズでも打率.318を残した。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 チームに必要とされるのは、速い球を投げるだけでも、遠くへ飛ばす打力だけでも、ダイヤモンドを疾走する走力だけでも、チームをまとめる統率力だけでもないようだ。11月9日に今季取得したFA権を行使せずに広島残留を明言した松山竜平は、広島球団に「キャラクター」を評価されたという。

 笑顔の残留表明だった。

「他球団の話も聞いてみたい気持ちもありましたけど、カープとずっと話をする中で絶対に必要な戦力と言ってもらえました。戦力であり、キャラクター? とも。僕がいなくなったらチームがどうなるか分からないとまで言われたので、そこはすごく評価してもらっているのかなって」

 一発長打と柔らかさを併せ持つ打力は誰もが認めるところ。走力や守備力に難はある。機動力と守備力を前面に押し出す広島野球で、バット1本で勝負する特異な存在感を発揮する。

 2年連続で打率3割超、2桁本塁打、70打点以上をマーク。今年は初めて規定打席にも達した。強力広島打線の中軸として、存在感も増している。リーグ4連覇を目指すチームの中で欠かせない戦力といえるだろう。

芋洗坂係長、マツコ……。

 存在感は打力だけではない。残留交渉にあたった鈴木清明球団本部長は「左打者で長打を打てる選手が少なく、貴重な存在」とスラッガーとして認めつつ、「新井にまでなれないかもしれないけど、いじられキャラとして頑張ってくれれば」と優しい笑顔を見せた。

「イモッ!」

 緊張感に包まれそうな、CSや日本シリーズ期間中、サビエル・バティスタを中心に「イモ!」という声が飛び交った。CSファイナルステージ初戦の円陣での声出しでもバティスタは「イモッ」と大きな声で締めくくった。

 年下の丸佳浩や菊池涼介からも「まっちゃん」と呼ばれ、打撃コーチからは「イモ(芋)」と呼ばれている。ほかにも「芋洗坂係長」や「マツコ」(マツコ・デラックスに似ているということから)など通称の豊富さも愛されている証しでもある。

【次ページ】 後輩にすごくいじられながら。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松山竜平
新井貴浩
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ