松山竜平 

松山竜平、早々にカープ残留決断。新井さんの“いじられキャラ”継承?

炎の一筆入魂

松山竜平、早々にカープ残留決断。
新井さんの“いじられキャラ”継承?

チームに必要とされるのは、速い球を投げるだけでも、遠くへ飛ばす打力だけでも、ダイヤモンドを疾走する走力だけでも、チームを… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2018/11/13

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み。四球数とベンチワークが両者の差。

プロ野球亭日乗

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み。
四球数とベンチワークが両者の差。

同じような負け方をシーズン中に何度も見た。終盤の逆転劇は今季の広島の得意芸であることはいうまでもない。だからこそ巨人・高… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

プロ野球

2018/10/19

10年前のドラフトから考える広島。優勝は分離ドラフトのおかげ!?

“Mr.ドラフト”の野球日記

10年前のドラフトから考える広島。
優勝は分離ドラフトのおかげ!?

2016年からリーグ3連覇をしているが、1998~2012年までの15年間Bクラスの底で喘いでいたのはドラフトの失敗があったからだ。それ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

プロ野球

2018/10/07

機動力の広島で、鈍足の4番が光る。松山竜平「新井さんゆっくりして」

炎の一筆入魂

機動力の広島で、鈍足の4番が光る。
松山竜平「新井さんゆっくりして」

広島野球の伝統、といえば、機動力野球だろう。今季新たに4番を務めた鈴木誠也は“走れる4番”として、自己最多タイの16盗塁を記… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2017/12/20

離脱者さえも連覇の戦力にした広島。選手層より大切な「カバーする力」。

炎の一筆入魂

離脱者さえも連覇の戦力にした広島。
選手層より大切な「カバーする力」。

9月18日、甲子園球場のマウンドに歓喜の真っ赤な輪が生まれた。そこへ球団スタッフに肩を借り、歩み寄る鈴木誠也を松山竜平は笑… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2017/09/25

優勝時のフィールドにいなくとも……。廣瀬純、広島カープに殉じた16年間。

炎の一筆入魂

優勝時のフィールドにいなくとも……。
廣瀬純、広島カープに殉じた16年間。

16年間の野球人生を表すような光景だった。2016年10月1日、マツダスタジアムで行われたヤクルトとの今季最終戦は、今季限りでユ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2016/10/03

40回以上の逆転はなぜ生まれたか?石井琢朗がカープに施した打撃改革。

炎の一筆入魂

40回以上の逆転はなぜ生まれたか?
石井琢朗がカープに施した打撃改革。

9月10日、スタンドの半分が真っ赤に染まった東京ドームで、広島の25年ぶり優勝が決まった。選手たちがマウンドに向かって駆けて… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2016/09/13

野村謙二郎流、「選手=資産」運用術。“総力戦”の広島が球界に残した足跡。

野球善哉

野村謙二郎流、「選手=資産」運用術。
“総力戦”の広島が球界に残した足跡。

新鮮にさえ聞こえる言葉だった。“全員野球”。高校野球の世界で頻繁に聞くこの言葉こそ、今季の広島の象徴だった。そして史上最… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

プロ野球

2013/10/22

“イチローの師”が広島から送り出す、「アンパンマン」松山竜平の愛と勇気。

野球クロスロード

“イチローの師”が広島から送り出す、
「アンパンマン」松山竜平の愛と勇気。

顔はまるく、頬はうっすらと赤らんでいる。愛らしい表情。カープファンは親しみを込め、彼を「アンパンマン」と呼ぶ。 続きを読む

田口元義Genki Taguchi

プロ野球

2013/08/07

毎年恒例の交流戦「ライバル宣言」。今年の「勝者」と「敗者」を総括する。

野次馬ライトスタンド

毎年恒例の交流戦「ライバル宣言」。
今年の「勝者」と「敗者」を総括する。

19日にソフトバンクの圧倒的な優勝で幕を閉じた今年の「日本生命セ・パ交流戦」。これをやっと終わったかと感じるか、もう終わり… 続きを読む

村瀬秀信Hidenobu Murase

プロ野球

2011/06/20

ページトップ