Beyond The GameBACK NUMBER

青年監督の蹉跌について。
~高橋由伸に、1980年の長嶋茂雄が重なる~

posted2018/11/01 15:00

 
青年監督の蹉跌について。~高橋由伸に、1980年の長嶋茂雄が重なる~<Number Web> photograph by KYODO

3年連続V逸の責任をとって辞任する高橋監督。ストレート負けしたCS広島戦が最後の采配に。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 1980年10月21日。東京・大手町にある読売新聞本社の大会議室には300人を越える報道陣が集まっていた。

「2000万人とも2500万人とも言われるファンの皆さまに対して、成績が不本意だったという、そのことのみで、男としてのケジメをつけ責任をとりたいということです」

 この年セ・リーグ3位に終わった長嶋茂雄は、こう語って巨人監督を辞任した。1974年に現役を引退して、そのまま監督としてチームを率いる難しさを痛感した6年間だった。

「最初のときは理想に燃えていましたからね。自分が監督になったらこうしたい、ああしたいと、思っていたことが一杯あった。ただ、実際にプレーをするのは選手なんです。なかなか思うようにはいかない。だからチームを作り変えないといけないと思ったんだ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 943文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

秋競馬。王者の挑戦状

Sports Graphic Number 964

秋競馬。
王者の挑戦状

 

関連記事

読売ジャイアンツ
長嶋茂雄
高橋由伸

プロ野球の前後の記事

ページトップ